少しでも熱を逃がさない工夫で・・・。

0212_1200

 ベンチで弁当を使っていたオジさんの横でおこぼれを待っていたが、全然そんな素振りがなかったので退散、落ち葉の上に横たわっていた枝の上に座り込んだ。PENTAX K-10D + smc PENTAX -FA100 1:2.8 100mm (クリックで拡大)

0216_1200

 向きを変えたが枝の上からは降りない、地面は冷たい? (クリックで拡大)

0226_1200

 モデル代として10粒ほどカリカリを与える。 (クリックで拡大)

0169_1200

 蝋梅(wintersweet)の蕾をチェック、数日前より少し大きくなったかな。(クリックで拡大)

| | コメント (0)

しめ縄越しに姿が見えていたのは・・・。

0142_1200sq_2

 鳥居に渡した注連縄越しに茶トラの猫が見えたので素早く一枚撮ったが・・・発色が微妙、まぁ古いデジタルカメラでは珍しいことでもない。PENTAX K-10D + smc PENTAX -FA100 1:2.8 100mm (クリックで拡大)

0144_1200

 目敏くこちらを見つけて餌をねだりにやって来た。(クリックで拡大)

0145_1200

 匂いを手がかりに食べ残しがないか必死に捜している。(クリックで拡大)

0146_1200

 古いデジタルカメラの面白いところは、発色のバラツキが大きくてある突然思いがけない色が出たりすること。おまけに露出のバラツキも大き目なので几帳面な人には許しがたい機械かも。 (クリックで拡大)

 

ヴィーナス

  昨晩午後9寺前にNHK BSにチャンネルを合わせてみたら、長山洋子さんがヴィーナスを熱唱していた。長山さんは今でこそ演歌歌手としての不動の地位を確立しているが、ブレイクしたのはアイドル歌手としてカバー曲を歌い始めてからだ。一番知名度が高いのは、バナナラマの「ヴィーナス」の日本語歌詞版カバー曲だろう。

7607_1000

 気合の一曲。

7620_1000

 エンディングの決めポーズ。

Venus_yoko

 1986年のヒット曲というからバブルの真っ最中か。演歌歌手としてのイメージにそぐわないので長らく封印されていたが、21世紀に入ってショー的に積極的に歌われるようになったとも。

Venus_theshockingblue

 原曲は1970年代にオランダのザ・ショッキング・ブルーが歌ったもので米ビルボード一位を獲得、日本でも大ヒットとなった。

 オランダでは、第二次世界大戦中に日本軍が東南アジアに居住・駐屯していたオランダ人に対して行った戦犯行為により、長い間対日イメージが悪く、賠償問題なども再三起きていた。(白馬事件など) 1970年代はまだ火種がくすぶっていた時期だった。

| | コメント (0)

周囲の枯れ草色に紛れていたのは・・・。

0112_1200

 うす曇りのお天気の下、屋根の上で丸くなっている猫を発見、レンズを上に向けていたら、そばを通った外人さん観光客も猫に気づいてスマートフォンで撮影、京都旅行の記念が屋根の上の猫って? PEN Lite + ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5Ⅱ (クリックで拡大)

0113_1200

 目を覚ましてちょっと頭をあげたかな。(クリックで拡大)

0114_750

 いきなりのストレッチ。(クリックで拡大)

0117_1100

 また寝てしまった。背景が明るい空だとただのグレーバックになるので、位置を変えての一枚。(クリックで拡大)

0160_1200

 近くに植えてある蝋梅を見に行ってみたが未だ早い。(クリックで拡大)

0141_1200

 こちらも時期尚早。(クリックで拡大)

 

太上天皇

  太上天皇は退位した天皇に与えられる尊号、略して上皇と呼ばれることも多い。今上の退位後の呼称のひとつの最有力候補とも。

 万事が先例主義の宮中のルール、久方ぶりの崩御前の譲位とあって、官僚・学者は古例を捜しすのに忙しい。

 かつてはこの先例捜しは公家の重要な仕事だったらしい。特に、南北朝の統一後の退位した南朝最後の天皇であった後亀山天皇にどのような尊号をおくるかでは、かなり揉めたらしい。(大覚寺殿尊号の事) 表向きは譲位だが、北朝幕府の頭の中には不登極帝のイメージがあり辻褄を合わすのが困難だった。

 結局は苦肉の策で、特例中の特例として尊号宣下が決まった。南北朝分裂の原因となった吉野への出奔事件を引き起こし、何事も先例に縛られることを大いに嫌った南朝の後醍醐天皇がこれを見たら意を得たりといった感じだったかも。

 太上天皇の他には「院」や「法皇」といった呼称もあるにはあるが、これは仏門に入った場合にのみ用いられる言葉。最後に仏式で葬儀が行われたのは明治天皇の父にあたる孝明天皇、以後古に国教を仏教と定めた朝廷は仏教から引いた形になっている。

 仮に今上が退位後に仏教に帰依されれば、法皇の呼称もあり得そうだが、そうなると皇室構成員の信仰の自由うんぬんとなって憲法上どうなるとか混乱するので・・・またしても後醍醐天皇の意の坪。

| | コメント (0)

欠けているところを復元してみたら・・・。

0047_1200

 鼻先と口元の黒い模様が特徴的な白黒猫、左耳の先が手術済み識別のためにカットされているのが惜しい。 PEN Lite + ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5Ⅱ (クリックで拡大)

0047_1200b

 右耳を使って左耳の先を再現してみた。ちょっと輪郭が不自然だがオリジナルの雰囲気は十分わかる。猫用の擬耳先が欲しい。 (クリックで拡大)

 

媒介

  学校で習う世界史に出てくる黒死病(ペスト)、ネズミが感染源と書いてあるのが普通だが、最新研究では異説が出てきた。

 14世紀から19世紀にかけてヨーロッパで起こった感染爆発、原因をげっ歯類とそれに寄生するノミが原因と考えられてきた。

 しかし、オスロ大学とフェラーラ大学の研究チームは、初めて感染を拡大させたのは人間に寄生するノミとシラミだったという説を打ち立てた。

 ナショナル・アカデミー・サイエンスの報告書に含まれる論文では、黒死病の拡大パターンと被災規模の記録が用いられている。

 1374年から1351年にかけて流行した黒死病では、ヨーロッパの人口の約1/3の2,500万人が犠牲になったと推定されている。

 オスロ大学のニルス・ステンセス教授は「ヨーロッパの九つの都市における信頼性の高い死亡率データを用いた」と述べた。

 「これを使って、動的な疾病モデルを構築した」

 彼と同僚研究者は、各都市における感染爆発のシミュレーションを行った。そのシミュレーションは3パターンだ。

・ラット

・空気感染

・人の体や衣服に付くノミ・シラミ

 九つのうち七つの都市の感染爆発モデルは、人が媒介したモデルと見事に合致した。

 このシミュレーションは、感染の速度や人数の拡大の度合いを良く反映している。

 ステンセス教授は「結果は明白で、シラミモデルが最も実態と合致している」と述べた。

 「ラット感染ではそんなに早く拡大しない」

 「人を介しての拡大が、ラットのそれに大きく拍車をかけたのだろう」

 現代でもペストはアジア・アフリカなどで限定発生しており、2010年からの5年間で感染者3,248名、死亡者584名を出している。

 「もし貴方が病気になったならば、多くの人と接触しないように外出を控えるべき、病気になったら家に止まるのが良い」(BBC NEWS HEALTHより)

 教科書の記述で意外と信ぴょう性の低いものが多いのが歴史の教科書、おかげで国同士の国際問題に発展したりする。明治時代には見識あるエリートは公立学校での初等教育を子弟に受けさせなかったとか、公的教育への過大な期待は常識だった?

| | コメント (0)

«今日は大きく出遅れてしまったので・・・。