開けた場所での日光浴は気持ちよくて・・・。

3885_1200

 カメラを終いかけたところで開けた場所で日光浴している猫を発見、電源を入れて急いで一枚。E-620 + ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5Ⅱ (クリックで拡大)

3888_1000

 観光客が通りかかったので身構えた。(クリックで拡大)

3897_1200

 広い場所での身づくろいは気持ちが良さそうだ。(クリックで拡大)

3898_1200

 木の上に気になるものを発見したのかな?(クリックで拡大)

 

パールハーバー

  1941年(昭和16年)12月8日未明、隠密行動で北大西洋上まで進出した大日本帝国海軍の機動部隊から発進した航空部隊が米太平洋艦隊の母港であったハワイ真珠湾を奇襲、これによって日米が相次いで第二次世界大戦に参加することになった。

Toratoratora

 映画化もされていて有名なところでは「トラ!トラ!トラ!」(1970) 米国映画がある。映画「ハールハーバー」は真珠湾奇襲のリベンジを描いた映画だ。

 米軍の対応は一部を除いてお粗末なものだったと伝わる。事前にもたらされていた諜報機関の暗号解読による奇襲攻撃情報、米駆逐艦による日本小型潜水艦の撃沈報告、レーダー基地で多数の機影の確認などが生かされず奇襲を受けるに至った。事後の調査委員会は紛糾、海軍の司令官クラス2名が更迭されている。

 米政府の対応は素早く、ルーズベルト大統領は宣戦布告前の奇襲を卑劣な行為として非難し、議会の対日開戦決議を得るとともに世論を味方に付けた。以後対英国ソ連への大々的な武器物資支援も始まって、これが欧州戦線の流れを変えることになる。米海軍は若手の有能な司令官を新たに据えて半年後には逆襲に転じた。

 未だに言われ続ける日本外務省の宣戦布告の遅れだが、馬や電報で宣戦布告を触れ回った時代でもあるまいし、既に無線もレーダーも存在した当時では宣戦布告などかなり形式的なもの、動員をもって臨戦態勢に入るのが常識とも。まあ米政府が行った素早い対応、敗北を次の勝利への梃子とした宣伝工作術は大したものだ。

  翌1942年に入って6月には日本軍はミッドウェイ海戦で大敗北を喫し、同じく6月から始まったドイツ軍のソ連油田地帯及びスターリングラード攻略も冬の訪れと共に膠着状態に入り、年明けにはスターリングラードで第6軍が包囲殲滅され捕虜10万人を出す大敗北となった。これによりドイツ勝利頼みの日本参戦の前提が・・・。

 今となってみれば日本はナチスドイツの快進撃に目が眩んで勇み足といった感が強い。当時流行ったスローガン「バスに乗り遅れるな」は「泥舟に乗る」結果に終った。crying

*昭和17年の国家予算における軍事費の割合は70.9%だった。

| | コメント (0)

寄ってきたり離れたりなので・・・。

3731_1200

 日向と日陰の境界部に座って日光浴、体温が絶妙維持されるのかも。 E-620 + ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5Ⅱ (クリックで拡大)

3732_1200

 近づいたらちょっと振り返りました。 カリカリの袋を振ってみたが反応なし。(クリックで拡大)

3734_1000

 ちょっと目を離したら目前まで来ていた。(クリックで拡大)

3739_1000

 カリカリを少し食べたらまた隠れた。面倒な性格だ。(クリックで拡大)

 

車内高体温

  米国で息子を車内に意図的に放置して死なせた父親に対して、仮出所なしの終身刑の判決が下った。

 ジャスティン・ロス 36歳は、22ヶ月の息子の死に関して先月有罪となった。事件は2014年にジョージア州アトランタの彼の勤務先の駐車場で起きた。

 オレンジ色のジャンプスーツ囚人服を着て足かせを嵌められたハリスは自分の運命を知り言葉もなく立ち尽くしていた。

 彼はこれはアクシデントで、保育所で息子を下ろすのを忘れたためだと訴えていた。

 5週間の審議の中では、息子が死にかけていた最中に彼が未成年の少女に淫らなメールを送っていた事が判明した。

 カブ郡高等裁判所のメアリー・ステーリー・クラーク判事は「非常に残酷な犯罪だ、彼は車から歩き去って暑い車内に子供を放置し脱水死させた」と述べた。

 彼女は検察の提案を受け入れて、最大刑期となる32年を加算した。

 元ホームデポのウェブ担当者は11月に八つの罪で有罪となった。それらには悪意の殺人、子供の虐待、未成年の少女にメールを送った事に関する性犯罪などが含まれる。

 検察はハリスはある女性と不倫を続けるために、家族から離れようと息子の殺害を計画したと訴えた。

 ハリスの弁護士は彼は息子の死に関して責任はあるものの、それは悲劇的な健忘の結果だと訴えていた。

 息子のクーパーの死因は高温下に体がさらされたためによる高体温、彼は外気温32℃の中7時間車内に座らされていた。

 カブ郡警察のフィル・ストタード警部は法廷において、ハリスは息子が死んだ日にオフィスに座って数人の女性とヌードフォトのやり取りをしており、その内一人は未成年であったと述べた。

 当初ハリスはインターネットで車中に、おいてどのくらいの温度・時間で人が死ぬか調べていたと言われていたがこれは誤りであった。

 代わりに彼はSNAのRadditの投稿でこの情報を共有していた事が判明、それが誰であったかは特定出来なかった。

子供からの解放を謳ったウェブサイトを検索していたという件については、同僚からそのリンクを送られた際に「下品、遠慮しとく」と彼は返信しており否定された。

 友人や家族は彼の利益になるような証言を行った、その中には前妻リーナ・テイラーも含まれていた。(逮捕後に離婚)

 彼女は彼は私の人生をめちゃくちゃにしたが、愛すべき父親で意図的に息子を害する事はしないと訴えた。

 裁判中、息子の写真が陪審員に向けられると彼は涙を流した。(BBC NEWS US & CANADAより)

 米国における子供に対する保護者の責任は非常に重い、そのまま日本へ導入したら犯罪者だらけになってしまうらしい。心中未遂で親だけ生き残ったりすると非常に重い罪に問われるとも、ただの殺人者扱い?

* hot car death 炎天下、車内放置による死亡の事らしい、古い辞書には載っていなそう。

 

紀州藩

  昨晩のBSふるさと探訪のロケ先は和歌山県和歌山市加太だった。鯛の一本釣りが有名でこれを使った料理が美味しいらしい。

 和歌山県の前身は紀州藩、徳川御三家のひとつで1619年に紀州と伊勢の国の一部合わせて成立した。当時は今の三重県の松坂あたりまでを有しており石高は55万石を超えたとも。徳川家康の直系が絶えた後に第八代将軍の吉宗を出している。

 番組の最後に紹介されたのが山頂の国民休暇村近くにある砲台跡、明治後期から昭和20年まで関西の防御の要のひとつだったと思われる。

 この設置してあったのが28センチ榴弾砲というから、日露戦争の旅順要塞攻撃で大活躍したものだろうか。明治中期に海外のメーカーのものを模造して設計実用化されたそうだ。コンクリートで強化された巨大トーチカを破壊して勝利に貢献した。

28cm_2

 山なりの弾道を描くので山頂に観測所が必要、要塞攻略が進むにつれて死角に移動していたロシア艦隊にとどめを刺すために行われたのがあの203高地の攻略、実際はその頃にはロシア艦隊の戦闘力が失われていたというから・・・正確な情報さえ入手出来ていたら犠牲者が減らせたのに、残念。

| | コメント (0)

絶妙の位置取りをしているので・・・。

6251_1000

 つい先ほどまで小雨が降っていたのに、いきなり晴れて強い陽射しが射してきた、ころころ変わる冬のお天気の走りか。雨が降っても濡れなくて陽射しも浴びる事ができる絶妙の位置取りをして寝そべっている。SIGMA 60/2.8DN(クリックで拡大)

6252_1000

ちょっと近くに寄って目線も上げての一枚、ようやく顔が半分見えるようになった。(クリックで拡大)

6262_1200

 かなり強引な和服の着付けをされた感じの外人さん観光客が紅葉を求めてあちこち、残念ながらもう綺麗な枝は少ない。

6281_1200

 木々の下には分厚く落ち葉が積もっている。

| | コメント (0)

«好奇心がくすぐられた場合は直ぐに・・・。