のんびりと親子で過ごす時間もあるけど・・・。

5787_1200

 夕暮れのひと時を親子でのんびりと過ごしている。 NIKON D200 + AF Nikkor 85/1.8D (クリックで拡大)

5788_1200

 気のせいかお母さんはいつも疲れて見える。(クリックで拡大)

 

発色

 植物園でのストロボを使った撮影写真の続き、曇り空の暗さを補うためのストロボだっtが、色出し効果も出ているようで自然光だけの写真よりは発色が良いみたいだ。PENTAX K-10D + FA100/2.8 MACRO (クリックで拡大)

0001_1200

 表面に艶がある場合はテカリが出て、これはこれで面白い。

0008_1200

 立体感が失せる気もするが鮮やかな色が出るのはやはり良いなぁ〜。

0014_1200

 昆虫の甲も独特のテカリが出る。

 PENTAXのマクロレンズであるFA100/2.8は、2004年位で製造中止になったらしいので、最新の製造ロットでもすでに13年経過している事になる。デジタル対応設計のレンズではないがまだまだ使えるのはありがたい。趣味で使うのには役不足の交換レンズだ。

| | コメント (0)

神は細部に宿るので・・・。

5810_1200

 社殿前の石畳の隙間に興味いっぱい、一心不乱に調査中。 NIKON D200 + AF Nikkor 85/1.8D (クリックで拡大)

5811_1200

 近寄っていったら一瞬だけ顔を上げた。 (クリックで拡大)

5812_1200

 調査再開。 (クリックで拡大)

 

ワォーン

 北朝鮮の外交トップは、国際連合におけるトランプ大統領のスピーチを'犬の吠える声'と酷評した。

 水曜日の国際連合総会において、トランプ大統領は、もし北朝鮮が米国及び同盟国を恫喝し続けるなら、"完膚無きまでの破壊"に見舞われるだろうと述べた。

 外務大臣のリ・ヨン-ホ氏は、北朝鮮として初めてこのスピーチに対する反応を示した。

 北朝鮮は国際連合の禁止措置の中、核開発および武器計画を推進し続けている。

 リ氏はニューヨークの国際連合本部の近くにおいて、レポーターに答えて「『犬が吠えてもパレードは続く』と言うではないか」と述べた。

 「大統領が犬が吠えるような真似をして我々を驚かそうと思っているなら、彼は夢の世界にいるようなものだ」

 大統領は金正恩氏を称して「ロケットマンは自分自身とその体制に対する自殺行為の渦中にある」と述べた。

 ロケットマンという呼び名についての質問に対して彼は「補佐官たちが気の毒だ」と答えた。

 リ氏は金曜日に国連総会でスピーチを行うそうだ。

 専門家は、北朝鮮は驚くべき速さで長距離ミサイルと核弾頭開発を行ったと評している。

 9月3日には北朝鮮は、6回目となる大規模な核実験を行ったと表明した。

 数日後には国際連合は、オイル輸入と繊維製品の輸出を制限する新たな制裁措置を決定した。北朝鮮を燃料と財政の両面から締め付けて武器開発の邪魔をしようとする狙いだ。(BBC NEWS Asiaより)

 互いの腹の探り合いはまだまだ続きそうだ。

 

期限切れ

 昨年の秋に購入した植物園の年間パスの期限が切れそうになっていたので、先日久しぶりに訪れてみた。あいにく風が強くて被写体ブレの大量生産、それならとストロボを焚いてみたが普段使い慣れないので、これも出来栄えはいまひとつという結果になった。weepPENTAX K-10D + FA100/2.8 MACRO (クリックで拡大)

0110_1200

 先端部がピンボケ、残念。

0088_1200

 黄色部分に全力でマニュアルフォーカスしてみたが・・・。

0115_1200

 ツメレンゲ(爪蓮華) 形状と色合いが良い感じ。

0192_1200

 先端のドットにピント。

0095_1100sq

 遠目には綺麗に見えたが、結構へたっていた。

0038_1200

 園内には彼岸花も散見されたが、もう痛みがかなり進んでいた。

0050_1200

 ストロボのテスト画像、ISO100でF5.6〜F8 くらいが適正光量になるみたい。取扱説明書ではF4のはずだが・・・。

 今回使ったストロボは、パナソニックのPE-20SというGN20の古い小型オートストロボ、カメラとの接点はひとつだけ。カメラとの距離情報のやりとりなどあるはずもなく、運任せの撮影に近い。

| | コメント (0)

振り返った先に居たのは・・・。

5816_1200

 背後の気配に立ち止まって頭を回す。視線が何かを捉えたようで右の前足が反応。 NIKON D200 + AF Nikkor 85/1.8D (クリックで拡大)

5817_1200

 反対側を見てみたら白黒猫が座っていた。気配はこの猫のもの?  (クリックで拡大)

| | コメント (0)

«紫の幟の下からのぞいていたのは・・・。