遺伝子の機能は強力なものがあるので・・・。

4954_1200

 公園に捨てられてから約二週間ほど、幸いにも住処の管理者は捨て猫に寛容、欠かさず給餌するボランティアにも恵まれて食住には困っていない。昼の間は木陰で固まって寝ていたり、近くに遊びに出たりと毎日が猫曜日を実践中。E-620 + ZUIKO DIGITAL 40-150/4/5.6 (クリックで拡大)

 久しぶりに持ち出したお仕着せ望遠ズームレンズ、ボディの手振れ補正機能が不調なのでIS-OFFにして、代わりにISO感度オートで補おうとしたが、どうも感度が円滑に上下していない。レンズの距離情報が本体に伝わっていない?

4951_1200

 いっせいに顔をあげると皆同じような顔で遺伝子の強さを実感、いずれも眼力が強いのでちょっと怖い感じもしないではないが、中身は普通の生後数ヶ月の人懐っこい猫だ。

 

辞職

 ある日本の閣僚が、2011年の地震と福島原子力発電所に関わる災害が東京で起こらなくて良かった(it was better)と発言、彼は辞職する見込みだ。

 マサヒロ・イマムラ氏は東北地方の再建を任されているリーダーだ。

 彼はもし地震が東京近郊で起こっていたら甚大な財政的損害が生じていただろう、東北だったのは幸いだったと述べた。

 NHKがこの発言ビデオを放送で流した。

 日本タイムズ紙によれば、イマムラ氏は後にこの発言を撤回、謝罪したとのことだ。

 彼は「東北でさえ被害額は25兆円に達した、これが東京近郊だったらどんでもない被害になっただろう」という意味だと発言意図を釈明した。

 彼は与党の自由民主党の議員パーティーの席でこの発言を行いこの騒ぎとなった。

 同席していた首相のシンゾ・アベ氏は、イマムラ氏の発言について謝罪した。

 2011年に日本の東北部を襲ったマグニチュード9の地震は津波を伴って18,000人以上の死者・行方不明者を出した。

 被災地の企業は震災後6年を経ても再建に苦しんでいる。

 福島第一原子力発電所から20km圏内の住民20万人以上が避難を余儀なくされた。多くの避難民が帰宅を諦めることになった。(BBC NEWS ASIAより)

 自民党は政権から滑り落ちる前の状況にリニューアル(現状復帰)しつつあるとの指摘もちらほら。確かに被災地の復興を任されている大臣発言としては・・・(誰の推薦で就任?)。

| | コメント (0)

隠れたつもりで目立ってしまう毛色なので・・・。

4866_1200

 神社に住む臆病な猫、参拝客の足音が聞こえただけで隠れてしまう。隠れたつもりでもご覧の通りで白毛が目立つので効果は・・・。人気がなくなるまでじっと我慢。E-620 + ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5Ⅱ (クリックで拡大)

4868_1100sq

 小さくても香箱座りをマスター済み。(クリックで拡大)

4869_1000sq

 緊張も長くは続かない。(クリックで拡大)

| | コメント (0)

決して神様という訳ではないのだけど・・・。

4740_1200

 夕方の給餌の時間が終わって猫たちはあちこちに散らばってのんびりした時間を過ごす。E-620 + ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5Ⅱ (クリックで拡大)

4738_1200

 参拝に来た観光客と思き男性、拝殿の正面に猫が座り込んでしまい猫を拝む形になってしまった。 (クリックで拡大)

4734_1200

 強い西日が眩しくも心地よいみたいだ。 (クリックで拡大)

 

電磁波

 脳腫瘍基金(Brain Tumour Charity)は伊裁判所の判決に関して、携帯電話の使用と脳腫瘍との間には明確な科学的根拠はないと発表した。

 イタリアの Ivrea イヴレア(トリノとミラノの間にある)の裁判所は原告男性の脳腫瘍は携帯電話の使用と関係があると認めた。

 これにより原告のロバート・ロメロさんには毎月500ユーロの補償金が支払われることになる。

彼の主張は、仕事用の携帯電話を1日3-4時間、15年使用し続けたせいで脳腫瘍(良性)が進行したというものだった。

 補償金は労災保証団体から支払われる。

 判決に対しては控訴の可能性があり、判決の根拠となった理由は少なくとも数日は発表されそうにない。

 英国の脳腫瘍基金(Brain Tumour Charity)の科学部門局長のデイヴィッド・ジェンキンソン医師は「多くの人々が両者の間に何らかの関係があるのではないかという懸念を抱いていることは承知している」と述べた。

 「しかしながら今までに世界中で実施された調査では両者の間に明確な関係は見つかっていない、この調査には数十万人規模のものも含まれる」

 裁判所の判決によってこの調査結果が揺らぐものではない。

 「もちろん関係を見極める研究は今後も続行されるべきだ」

 ロメロ氏は、皆もっと携帯電話の使用に気を使うべきと思う、しかしだからといって悪しきものと決めつけるべきでもないと述べた。

 弁護士のステファノ・ベルトネ氏はBBCの取材に答えて、ハンドセットや携帯電話業界を訴える予定はないと述べた。

 彼の法律事務所はイタリア内で数件の類似案件を抱えている。

 「過去24時間で多くの人から接触を受けたが、いずれも似たようなケースだ」「総使用時間は1,000時間越えが多い」

 「どれもはっきりと法的なケースになると言い切れるものではない」「多くの反対者は科学的な根拠がないと言い張るが、それも事実だ」「個別案件で状況による」

 ベルトネ氏は、米国で国レベルの有害性判別計画が進行中であることを強調した。

 事前調査では、オスのラットに2年間にわたって繰り返し電磁波を浴びせたが、脳や心臓の腫瘍との関連は低いという結果が出ている。

 研究は未だ評価中で検証も終えておらず試験はまだ終了していないが、研究調査は重要な段階を迎えている。(BBC NEWS HEALTHより)

 携帯電話が出現してからずっと疑われてきた電磁波による脳への悪影響、万一残念な結果が出たとしても手遅れだが、少なくとも日本では誰も気にかけている様子はない。放射線は微量でも怖いけど・・・。

| | コメント (0)

«今日の悪さの主題は・・・。