強い陽射しは体温が上がるので・・・。

0531_1200

 住処の前でカリカリの袋を振ったら空かさず姿を現した白黒猫、餌をねだるかと思ったが、通行人に目が釘付けになって固まってしまった。 OLYMPUS PEN Lite + LUMIX VARIO 14-45/3.5-5.6 (クリックで拡大)

0534_750sq

 後ろの日向に移動して痒いところを掻き始めた。(クリックで拡大)

0535_1200

 ようやくのカリカリタイム到来、強い陽射しに黒毛が映える。(クリックで拡大)

0536_1200

 暑すぎるのかすぐに日陰に退散。(クリックで拡大)

 

発見

 先日から行っている不用品の選別、デジタルカメラ時代に入ってめっきり出番が減ったものの一つが、光学式のアングルファインダー、フィルム撮影では重宝したものだが、今やバリアングル液晶はあるし、いざとなれば便利な電子式ファインダーが活躍する。

 売却するにしろ、商品の仕様を知っておかないと思って調べてみたら、接眼部にゴム製のアイカップがついている画像を発見、どうやら新品購入の際にはアイカップが付属していたらしい。

 三脚を使った撮影ではアイカップがない方が視認性が良いが、手持ちだと軽く目の周りに押し付けてやればブレを抑えられそう。

 もしかして、低いアングルから猫を撮るのに使えるのでは・・・これは手放せなくなってしまった。

Penta_lc_a_4

 PENTAXレフコンバーター、無駄になりそうな販売用商品写真。(クリックで拡大)

Penta_lc_a_7

 キャノン機にも使える。(クリックで拡大)

 すべての機材が猫撮りを基準に評価というのは・・・。

| | コメント (0)

緑を背景にした三毛柄は映えるので・・・。

0537_1000

 上体をうまく隠しているものの、だらりと下がった三毛柄のシッポが存在を示している。ここも猫の出現スポットの一つだが、その理由は謎。力強さを増す緑に三毛柄が映える。 OLYMPUS PEN Lite + LUMIX VARIO 14-45/3.5-5.6 (クリックで拡大)

0539_1000

 枝が邪魔になってオートフォーカスが使えない。こんな時は頑張って拡大マニュアルフォーカスだ。 (クリックで拡大)

0543_1200sq

 顔がしっかり見える位置まで前進、たまにしか姿を見せないキリッとした顔つきの三毛猫でした。 (クリックで拡大)

0546_1000

 もう一歩と欲張ったのが悪さをして逃げられてしまった。 (クリックで拡大)

0574_1200

 そろそろ躑躅の見頃も終盤、綺麗な個体が少なくなってきた。 (クリックで拡大)

| | コメント (0)

強い集中力に勝るものといえば・・・。

0467_1200

 背後に気配を感じて振り向いてみたら、いつの間にか茶トラが座っていた。じっと下にいる仲間の猫を見下ろしている。 OLYMPUS PEN Lite + LUMIX VARIO 14-45/3.5-5.6 (クリックで拡大)

0469_1200

 なかなか視線を外そうとしない。 (クリックで拡大)

0470_1000sq

 強い集中力もカリカリには勝てない。 (クリックで拡大)

0471_1200

 食べ終わったらさっさとどこかへ行ってしまった。ちょと寂しいが猫なので・・・止む無し。 (クリックで拡大)

| | コメント (0)

«たまに強い妖気を発するので・・・。