« 先日の猫と同じような違うような・・・。 | トップページ | 結局は空腹には勝てないようで・・・。 »

あちこち目移りしてしまうので・・・。

3552_1200

 手水所の横に座っている猫を発見したのですかさず一枚、こんな時には望遠レンズのありがたさが身にしみる。E-620 + ZUIKO DIGITAL 40-150/4-5.6 150mm, f5.6, ISO400 (画像クリックで拡大)

 この機材の組み合わせだが、今ではそこそこ綺麗な中古の個体で二万円くらいで買えてしまうらしい、まあ今更クラシック・フォーサーズの機材を購入する人は極少ないだろうから、そんなものかな。

355_1000sq

 近くに寄っていったら前に出てきたが目線は違う方角に。 (画像クリックで拡大)

3556_1200

 あちこち気になるものが多いらしい。 (画像クリックで拡大)

3557_1200

 毎年目にする手水所の落ち葉。 (画像クリックで拡大)

3553_1000c

 近くの軽自動車の下にはシャイな猫が一匹。 (画像クリックで拡大)

 

低ランク効果

  ただ社会的な地位が低いだけで、体内の免疫システムが変化してしまい健康を損ないがちになることがが発見された。米国のデューク大学の研究によるものだ。

 猿を使った実験では、低い地位に属することで免疫システムが変化、病気のリスクが増加した。心臓病、糖尿病や精神的な健康が損なわれる。

 ある専門家はこの発見は人間についてもかなり当てはまると述べているそうだ。

 サイエンス誌の中では、この研究は人間の貧困層の不健康な行いとは関係ないとしている。

 富裕層と貧困層の余命には大きな差があり、米国では女性で10年、男性で15年の差がある。

 理由のひとつとして、貧困を背景とした生活習慣があげられ、それには喫煙、運動不足、ジャンクフードを多く摂取する事が含まれる。

 最近の研究によれば、それらの要因を全て排除してもなお、社会的に低い地位に属することは体に対して何らかの影響を与えることを示している。

 科学者たちは、45匹の霊長類について社会的な地位を変えることで猿たちが受ける打撃についてアセスメントを行った、人間で行うのはちょっと無理な実験だ。

 猿たちは全て雄で無関係、初対面のアカゲザルは9匹づつ5つのグループに分けられた。

 一番新しいメンバーは社会の底辺に位置しやすく常にストレスを感じる、毛づくろいの回数は少なく他の猿からのハラスメントも受けやすい。

 底辺に位置することで免疫システムは異常な攻撃性を持つようになる。高レベルの炎症は致命的な損傷を体に与え他の病気のリスクを大きくする。

 研究者の一人のノア・シュナイダー・マックレル博士は「何かがある、個々の習性ではなに何かが不健康に導いている」と取材に対して述べた。

 「喫煙、不健康な食事、運動不足は体に悪いことは誰でも知っている、それらは個々に負担をかける」

 「我々のメッセージは、個人のコントロールが効かない何かが健康に悪い影響を与えるというものだ」

 「更なる研究では免疫システムは固定されたものではなくて、ランキングの変化で改善もするが悪化もする。」

 カレッジロンドン大学の世界的な健康学の権威であるマイケル・マーモット卿は「素晴らしい成果であり、我々の研究結果を支持する内容だ」と述べた。

 彼は「階級社会のどこに属するかで生物学的なメカニズムが明確に決まるというのは厳しい科学の現実だ」と述べた。

 「健康に社会的な環境が打撃を与えるのは心の問題だ。不健康な習慣であれ直接的なストレスであれ、心の重要性は高く、この研究はリアルな証拠を与えてくれた」

 しかしカレッジロンドン大学のグラハム・ルーク教授は「全ての証拠はかなり人間にも当てはまる」と述べた。

 彼は底辺の人間はそのままでもリッチになっても不健康である点を指摘した。

 「まだ解明されていない何かがありそうだ、底辺の人々は車も買えるしTVも買えてインドの人々に比べればずっと裕福なのに不健康だ」

 「リアリティーが問題ではなく、彼らが底辺に属するという感覚が問題なのだ」

 社会に格差はつきものだ。しかしながら、研究者たちは底辺層の積み重なりによる不健康を緩和するものが存在すると信じている。

ノア・シュナイダー・マックレル博士は「地位というものは得てして相対的、しかし貧富の格差を平坦にして差を小さくすることは出来そうだ、もしくはくだらないなどと言わず社会の底辺の環境に配慮して中庸な社会の実現に至る道筋を見つけられるかもしれない」

 「大変な問題で放置する事は出来ない、改善する事は可能に違いない」(BBC NEWS HEALTHより)

 原因ではありそうだが決定打ではなさそう、ありがちな結論にも思えるが・・・。

|

« 先日の猫と同じような違うような・・・。 | トップページ | 結局は空腹には勝てないようで・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先日の猫と同じような違うような・・・。 | トップページ | 結局は空腹には勝てないようで・・・。 »