« どこからともなく現れる三毛猫の隠れ家は・・・。 | トップページ | 寒さは気力を奪ってしまうので・・・。 »

雨の日でもお腹は空くので・・・。

2679_1200

 たまに雨脚が強まる昼時の神社、濡れるのを嫌う猫たちに遭遇する可能性が低い天候だ。それでもどこからか鳴き声が聞こえるとおもったら小さな社の屋根の下で雨宿りしていた。CONON EF85/1.8 (クリックで拡大)

 濡れるのも厭わず寄っては来たものの、この茶トラもビビリ気味なキャラなので数メートル先で様子を見ている。

2688_1000sq

 1mほどの距離まで寄ってきたがビビリ顔、カリカリを数個投げてみたら美味しそうに食べてくれた。 rain雨も恐怖も空腹の前には降参。(クリックで拡大)

2698_500

 ちょっと安心したのかこんな姿に。

 

東山

 昨日9日、チベット仏教の最高指導者であるダライラマ14世が京都を訪問、東山の東本願寺を訪れて世界平和を願う声明文にサインされたり多くの浄土真宗門徒に対して講演が行われた。

Hisholinessdalailama_1

京都訪問時の写真、チベットハウスジャパンより

 21世紀の仏教は合理的でなければならないおっしゃったようで、大乗仏教の中国浄土経の亜流とも言われる日本の浄土真宗門徒には新鮮な言葉に映ったらしい。

 チベット仏教は清国とゆかりが深く、その前身である後金の初代王ヌルハチのゲンキョン・ハーン就任の際には当時のダライ・ラマ自身が称号を送っている。後年の中国共産党(漢民族)のチベット侵攻の際の残虐行為は異民族(女真族)支配への協力者への制裁という側面があったのかも。

 ダライ・ラマ14世は今でも中国の目の敵、以前彼と会見を果たしたレディー・ガガも中国国内では楽曲の流布が制限されている。(もう制裁が解けた?) 坊主憎けりゃ袈裟まで・・・。

 

ニュージーランド

 ニュージーランドの移民ウェブサイト(INZ)へのアクセスが米国大統領選挙の結果を受けて急増した。

 INZによれば、ここ24時間の訪問者は56,300人で、通常の2,500%であった。普通は2,300人程度。

Nz_website

 カナダの移民ウェブサイトは水曜日にアクセスが殺到しクラッシュしている。

 ドナルド・クランプ氏は大統領選挙で驚くべきことに勝利を納めた。

 ニュージーランドでの住居、労働、学問、投資などの情報を扱うニュージーランド・ナウズ・ウェブサイトも同様のアクセス急増を見せた。

 INZのマーケティングマネージャーのグレッグ・フォーサイス氏はBBCに対して「NZ NOWは現地時間水曜日朝9時までの24時間で、70,500人からの訪問を受けた、通常は1日平均1,500人だ」と声明を出した。

 ある米国人たちはこの訪問は、トランプ氏の勝利の結果生じたニュージーランドへの移住に関する興味の表れだと言っている。

 フォーサイス氏は加えて、過去24時間における米国からの登録者数は7,287人、通常は3,000程度だと述べた。

 しかしながら、これらはあくまでも興味というレベルのものであって、ビザ申請絡みではないそうだ。(BBC NEWS ASIAより)

 国民が移住を考えてしまう新大統領って・・・米国は大丈夫なのか。一番悩んでいるのはトランプ氏自身だったりして、勢いで徳川幕府を倒してみたものの国家構想のなかった明治新政府のようなものかニャcat

|

« どこからともなく現れる三毛猫の隠れ家は・・・。 | トップページ | 寒さは気力を奪ってしまうので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どこからともなく現れる三毛猫の隠れ家は・・・。 | トップページ | 寒さは気力を奪ってしまうので・・・。 »