« 日陰の中から浮かび上がってきたのは・・・。 | トップページ | まったくの日陰だと寒い季節なので・・・。 »

一段上には上がれないようになっているので・・・。

6344_1200

 小社殿の上の三毛猫、じっと前方を見ている。ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5 Ⅱ (クリックで拡大)

6231_1000

 階段を上った上にはこんな防御策が待っているのでやむなく一段下に座っているらしい。

6345_750

 急に飛び降りてきて何かを捜している。虫でもいるのかな。(クリックで拡大)

6346_1000

 遠くにも毛づくろいしている三毛猫がいる、三毛猫は一匹だと思っていたが違っていたようだ。(クリックで拡大)

 

機会喪失

  英国では年間約九千人が脳卒中時の機能障害防止治療を受けずにいる事がわかった。

 血栓の除去により血流が回復し損傷が残る事を予防できるのだが、実際に治療を受けているのは年間600人程度と見積もられている。

 国の調査機関によれば、この原因は手術を行える熟練スタッフの数が足りないのが原因だ。

 国民保険機構(National Health System)は脳卒中患者は高度なケアを受けるべきだと訴えている。

 脳卒中により脳の重要な部位への血流が阻害される。

 主な原因は血管に詰まった血栓だが出血が原因となる場合もある。

 血流が長時間阻害されると麻痺や言語障害が起こる場合がある。

 処置としては血流の閉塞部を溶かす薬剤が用いられるが、必ずしも完璧な効果は期待できない。

 血栓切除はこの血栓を機械的に除去するものだ。

 処置には高度な技術が必要とされ、十分な医療体制が必要とされる。

 メッシュ状の薄いメタルハウジングは足などの主要血管から挿入されX線画像に基づき脳の疾患部位に至る。

 メッシュは魚網のように開いて血栓を捉えて除去する。

 かつてファッションモデルであったアリス・フェリックスさんは38歳の時に脳卒中を起こした。

 脳卒中を起こしてから1時間後に血栓除去の処置をチャーリング・クロス病院で受けた。これは治験の一環であった。

 「血栓がなくなればダメージは止まります」

 「体の動きに制限はありますが、右側で娘を抱く事は出来ています」

 「娘を抱き上げる事は出来ないのは残念ですが、できる限りの事はやります」

 血栓除去の実績は10人にひとり程度、処置が必要とされる九千人に対応するためには環境を整備する必要がある。

 この処置は既に安全で効果的であることが医療監査機関(NICE)によって確認されている。

 NICEはこの処置は優れた専門家のいる専門施設で行うべきとしている。

 ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジュシャンによれば「血栓除去ができる適切な訓練を受けたスタッフが不足している、特にロンドン以外で、十分な数の医師を育成する必要がある」っそうだ。

 イングランド、ウェールズ、北アイルランドにおける、脳卒中監視体制は十分とは言えない。

 声明の中で同機関は「現在の医療体制はガイドラインに沿って十分な処置を行うには不十分だ、熟練した看護師を必要としている」と述べている。

 採用担当コンサルタントも不足しており、2014年には26%のポスト欠員だったものが40%に増えてしまった。

 NHSイングランドのトニー・ラッド博士は「NHSの脳卒中ケアと生存率は記録的なレベルにある」と述べた。

 「血栓除去法は脳卒中患者の5%に対して効果的であることがわかっており、全土に利用を広めようとしている」(BBC NEWS HEALTHより)

 心臓の冠状動脈の閉塞の治療に用いられるステント手術の脳版みたいなものらしい。部位が脳となるとかなりの熟練の技が必要とされそうな印象だ。

 

エンドロール

  昨晩のBSプレミアムシネマはティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の「ダークシャドウ」だった、既に三度は見ているのでもういいかと思ったが・・・ちょっとだけのつもりが最後まで見てしまった。やはりこの作品の独特の画像は捨てがたい。

Dark_shadows

 2012年の作品、設定されている年代は1970年代初頭ブラウン管TVの中ではカレン・カーペンターズが歌っていたりする。アリス・クーパーが屋敷の舞踏会で生演奏などといったマニアックな場面もある。

 昨日はエンドロールまで全部見たが、最後の曲は「Go All The way」と、これも往年のヒット曲になっていた。

 「ダークシャドウ」の原題は「Dark Shadows」で何故か邦題では最後の" s "が省かれている。エンドロールは和製英語で end credits roll らしい。原語と異なる理由は不明。

|

« 日陰の中から浮かび上がってきたのは・・・。 | トップページ | まったくの日陰だと寒い季節なので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日陰の中から浮かび上がってきたのは・・・。 | トップページ | まったくの日陰だと寒い季節なので・・・。 »