« 側面図状態になってしまったので・・・。 | トップページ | 背景がボケ過ぎが気になるけど・・・。 »

隠れたと思ったらまた姿を見せたりするので・・・。

2761_1000sq

 植え込みの中に入ってしまった茶トラ、なかなか出てこないので諦めて歩みを進める。もしかして振り返ってみるとこんな感じで座っていた。猫撮りは忍耐と運が必要だ。 EOS 40D + EF85/1.8 (クリックで拡大)

2764_1200

  小走りに寄ってきたかと思ったらすぐ近くに座ったので少しだけカリカリ給餌、あまりお腹は空いていない感じだった。 (クリックで拡大)

2765_1200

 何だか落ち着かない様子。 (クリックで拡大)

 

訪問

  日本の安倍首相はハワイ真珠湾訪問に先立ち、現地の追悼施設を訪れた。日本は1941年に真珠湾の米海軍基地に航空機攻撃を行った過去がある。

 安倍首相はオバマ大統領と一緒に真珠湾を訪問する予定となっている。両国のリーダーが真珠湾を訪れるのは攻撃以来初めての事となる。

Pm_abe

 彼の側近によれば、安倍氏は死者へ祈りを捧げはしたが、謝罪の言葉は発せられなかったそうだ。

 日本軍による攻撃で2,300人の兵士などが亡くなり、米国は第二次大戦への道を進んだ。

 安倍氏を乗せた飛行機が到着後、彼は最初にナショナル・メモリアル太平洋共同墓地へ向かい、花輪を手向けた。

 彼はホノルルの中心地に近い共同墓地で黙祷を捧げた。ここは戦死者の追悼施設だ。

 基地に停泊中だった主力戦艦8隻は損傷を受け、内4隻は沈没した。しかし重要な攻撃目標だった航空母艦は航海途上にあり無傷となった。

 火曜日に安倍氏とオバマ氏は、ハワイでの首脳会談を行った後に戦場となった場所を訪れて、死者を悼む予定となっている。

 真珠湾攻撃から75年を記念する日から3週間後の訪問は、オバマ大統領の広島訪問に続くものだ。

 オバマ大統領は今年広島を訪れており、1945年に米軍が投下した原子爆弾で15万人が犠牲になった都市を訪れた初めての米大統領となった。

数字で見る真珠湾攻撃

353 日本軍攻撃機の数

2,403 攻撃で亡くなった米国側の死者

19 米軍側の被害を受けた船舶数、戦艦8隻を含む

328 損害を受けた米軍の航空機数、攻撃は1時間半続いた

戦後初めて真珠湾を訪れた日本のリーダーは吉田茂氏だった。1951年、サンフランシスコで調印された平和条約の調印のための中継地だった。

 彼は帰路、米太平洋艦隊の長官であったアーサー・ラッドフォード提督との会談を行った。二人が会ったオフィスは日本軍の攻撃目標を一望できる場所にあった。

 「私は沈みゆくアリゾナの姿をかろうじて見る事となった」 提督は後日書かれた回顧録の中で沈没した戦艦に関してこう書いている。

 会談は最初ぎくしゃくした雰囲気だったが、提督の犬が吉田氏にじゃれついてからはかつての仇敵の間の緊張は解けた。(BBC NEWS ASIAより)

 学校では満州事変から真珠湾攻撃に至る経緯を、大人の事情から詳しく教えないので自習するしかないが、複雑怪奇な昭和史なのでどれが本当やら。まぁ15年間で国家予算に占める軍事費の割合が30→80%くらいまでに上昇、栄養不足で小学校の児童の身長の伸びが止まったというから、当時の政府って・・・。

 

年賀葉書

  郵便局に切手を買いにいったら、郵便窓口の来年の干支の酉デザインの年賀葉書の横に、猫写真の年賀葉書がずらり。猫ブームとはいえ2枚で¥450はちょっと高いニャ。cat

Iwago_greetings

 どこかで見たような写真だなと思ったが、動物写真家の岩合光昭さんの作品を商品化したものだとか。

 世界の国の中には干支に猫が入っている国もあるともいうが・・・。

|

« 側面図状態になってしまったので・・・。 | トップページ | 背景がボケ過ぎが気になるけど・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 側面図状態になってしまったので・・・。 | トップページ | 背景がボケ過ぎが気になるけど・・・。 »