« じっと待っていた甲斐があったようで・・・。 | トップページ | 良く見ると違った柄だったので・・・。 »

床下の端に隠れていたのは・・・。

6578_1200

  床下の柱に紛れている姿を発見、皆の通り道になっているらしくしきりに匂いを嗅いでいた。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

6579_1200

 かなり警戒している感じ?  (クリックで拡大)

 

新徴組

 昨晩のNHKスーパープレミアムは幕末に実在した女剣士、中澤琴の半生を描いたものだった。彼女は子供の頃から剣を磨き、幕府の浪士組徴募に応じた兄と一緒に最後まで幕府側で戦ったそうで、昭和の初めまで生きたとか。

Kenshi

 彼女が所属することになったのが、江戸の新徴組、会津藩預かりの京の新撰組に対して、新徴組は徳川四天王の筆頭とも言われた酒井家預かりだったらしい。

 新徴組は江戸市中の治安維持にも活躍し、現在でも使われている”お巡りさん”は、新徴組の市内巡視から来ているというから面白い。

 新撰組が各地を転戦して最後は函館まで北上したのと異なり、新徴組は江戸を退いて酒井家の支配地であった現在の庄内に籠城、官軍相手に善戦したのちに降伏した。最強の幕府軍だったと讃える人もいるとか。

 戊辰戦争当時の藩主は酒井忠篤(ただずみ)、奥羽越列藩同盟のメンバーとして朝廷に刃向かった責任を追及されて謹慎、後年は許されて軍に仕えた。後を嗣いだ弟は爵位を得て知事にまでなっている。会津藩のように長州藩の逆鱗に触れなかったので異例の名誉回復か。

|

« じっと待っていた甲斐があったようで・・・。 | トップページ | 良く見ると違った柄だったので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じっと待っていた甲斐があったようで・・・。 | トップページ | 良く見ると違った柄だったので・・・。 »