« 眠気を吹き飛ばす方法は・・・。 | トップページ | 思いがけない場所にも猫はいるので・・・。 »

何気なくしゃがんだりするとスイッチが入るようで・・・。

4574_1200

 見慣れた光景、今日も外人さん観光客などから注目を浴びる目立つ存在だった。AF NIKKOR 85/1.8D (クリックで拡大)

4577_1200

 じっと見上げているようでもあり、寝ているようでもあり?(クリックで拡大)

4580_1200

 たまに目を大きく見開いたるするんだけど・・・。(クリックで拡大)

4576_1000sq

 うっかりしゃがむと寄ってきて膝に乗ってくるので注意が必要。wink (クリックで拡大)

 

1,300万ページ

 米CIAから機密指定解除された資料が約1,300万ページ分もオンラインで公開された。

 内容はUFOの目撃談から人体実験、スターゲート計画まで多岐にわたり、ずっと陰謀説が囁かれてきたものだ。

 今回の動きは、長年にわたる情報の自由閲覧を求める活動と、CIAを相手どった訴訟の成果だ。

 記録は全部合わせると80万ファイルにものぼる。

 これらの貴重な資料は、リチャード・ニクソンやジェラルド・フォード大統領の国務長官だったヘンリー・ニクソン関連を始めとして情報分析や研究開発までが含まれる。

 スターゲート計画の資料には変わった記録も入っており、サイキック・パワーや予知能力といったものもある。

 これらには、1973年のかつてのセルブのひとりだったユリ・ゲラーの記録も含まれる。当時、彼は成功したパーフォーマーとしてその地位を確立していた。

 ゲラー氏に関するメモには、別室に置かれたものを時々実に正確に言い当てるという記述があり、彼は信じられない予知能力を発したと書かれているとか。

Cia_sketches

 ユリ・ゲラー氏の予知実験のスケッチ

 他にはUFOレポートや、見えないインクなども含まれている。

 多くの情報は1990年代半ばには技術的に実現されていたが、情報へのアクセスは困難であった。

 これらの記録は、メリーランド国立図書館の奥にある4台のフィジカル・コンピュータで毎日9:00−16:30まで閲覧可能だ。

 情報の自由閲覧を求める非営利団体のミュックロックは、CIAにコレクションのアップロードを求める訴訟を起こして、実現までに2年以上を要した。

 同時期にジャーナリストのマイク・ベスト氏は、クラウドファンディングで$15,000の資金を集めて、記録のプリントアウトと公開手段としてアップロードを行った。作業は一枚一枚手作業で行われた。

 「プリントとスキャニングはCIAの費用持ちで、公開へ向けての作業を開始することが出来た、CIAはデータベースを単にオンラインするだけで費用削減出来たはず」ベスト氏はブログ中で語っている。

 11月には、CIAは記録は出版化される予定で、全体はCIAライブラリー・ウェブサイトで閲覧できると発表した。(BBC NEWS US & Canadaより)

 非常に興味深い内容ではあるが、全てが税金で賄われたと考えると・・・微妙。

|

« 眠気を吹き飛ばす方法は・・・。 | トップページ | 思いがけない場所にも猫はいるので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眠気を吹き飛ばす方法は・・・。 | トップページ | 思いがけない場所にも猫はいるので・・・。 »