« 屋根の上の異形の者の正体は・・・。 | トップページ | あまり準備に時間をかけすぎたりすると・・・。 »

見慣れた姿が視界に入ってきたので・・・。

4712_1200

 石垣の上に見える白い後ろ姿、20-30分差で姿を見られないこともあるので目に入った瞬間ちょっと嬉しかったりする。Nikon D200 + AF NIKKOR 85/1.8D (クリックで拡大)

4715_1200

ISO感度100での撮影、古い機材でも低感度設定で曇天下なら結構きれいに写る。持ち出す際には天気予報のチェックが必要。 (クリックで拡大)

 

信頼性

 WINDOWS7がインストールされている古いパソコン、HDD→HDD→SSDと交換を重ねたのでSATA300のHDDが余っていた。最近ではHDDケースの値段もかなり安くなって来ているので、USB3.0、SSD、UASP、WIN&Mac対応のケースを購入してデータのバックアップディスクにすることにした。

 最新のHDDケースは、廉価品だと本体を開けるのもワンタッチで、ネジすら廃止されている。工具なしで1-2分でHDD装着完了。さっそくMacに繋いでデータ転送試験をやってみたところさすがに早い。

 コピーしたデータを確認しようと適当にフォルダーを開いてみたら・・・中身が空、どうやら一部のデータが転送できていないようだった。ゴミ箱にも入らず取り出しも出来ずでディスクを検証したら修復要、修復をかけたら他のパーティションも初期化されて真っさらになってしまった。crying

 HDDが壊れている可能性もあるので古いFirewire400&800対応のケースを引っ張り出してきてMacとWIN機両方でデータ転送など行って苛めてみたが、こちらは問題無し。WIN機で45GBほど転送してみたら転送速度は25-30MB/sの間を行ったり来たりだった。

Firewire800

 アミュレットの古いHDDケース、側面にFirewire400,800,USB2.0の端子がある。最新のMacではFirewire端子は廃止されているので活用しずらい。

 結局、古い320GBのHDDはUSB2.0の外付けHDDとして復活、最新高速の機材より鈍足旧仕様のHDDケースの方が信頼性が高いとはトホホ。

|

« 屋根の上の異形の者の正体は・・・。 | トップページ | あまり準備に時間をかけすぎたりすると・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 屋根の上の異形の者の正体は・・・。 | トップページ | あまり準備に時間をかけすぎたりすると・・・。 »