« 背中への視線が気になってしまい・・・。 | トップページ | 最後には食欲に負けてしまうのだけど・・・。 »

日差しが当たる側の屋根なので・・・。

0025_1000

 先日白黒猫が丸くなっているのを見つけた遠くの屋根、今日は三匹も居る。気温が前より高めなのでリラックスしている様子だ。両端の二匹がこちらを見ている? PENTAX K-10D + FA100/2.8MACRO (クリックで拡大)

0058_1200

 屋根の反対側から音で釣ってみたら一匹だけ顔を出した。すごく怪訝そうな顔。 (クリックで拡大)

 

トップ2転落?

 韓国女性の平均寿命が世界で初めて90歳を超える見通しだ。

 英国の帝国ロンドン・カレッジとWHOは、工業国35カ国について寿命解析を行った。

 研究によれば2030年まで寿命は伸び続けて、男女差は縮小するという予測が出た。

 この結果は年金生活者対策や高齢者対策の必要性を示している。

 マジッド・エザッチ教授は「韓国は多くの面で良い要素を持っているようだ」

 「教育・栄養などの面で韓国は均一性がとれているように見える」

 「現時点では高血圧がうまく緩和され肥満度も世界でも低い」

 このデータでは日本は長寿国一位の座から転落すると予測されている。

 女性の寿命は韓国やフランスに抜かれ、男性は4位から11位へ大きく順位を落とすそうだ。

 米国の予測は惨憺たるもので、このままでは2030年には寿命が先進国の最下位へ落ちると考えられる。

 平均寿命で見ると男性80歳、女性83歳でメキシコやコスタリカと並びそうだ。

 「韓国とは対照的だ」 

 「格差が大きくて国民健康保険すら持っていない唯一の国だ」

 「身長の伸びすら一番最初に止まってしまい、若年期までの栄養状態も悪い」

 米国は2030年にはチリに抜かれる見込みだ。チリでの予想寿命は女性87歳男性81歳だ。

 2015年から2030年の間における英国人の寿命の変化は、女性が79→82歳、男性が83→85歳となっている。

 ランセット誌の研究記事によれば、男女差は接近する見込みだ。

 エザッチ教授は「男性は伝統的に不健康な生活を好み、寿命が短くなる」と述べた。

 「男性は喫煙、飲酒、交通事故や自殺の頻度の高さといった不利な要因を持ちながら男女の寿命は接近していく」

 延命の理由は幼少期の死亡率の低下よりは65歳以上の生活改善による。

 この研究は気象学者が天気予報に使う手法を用いて弾き出された。

 将来の動向を見極めるために過去における21種の数学モデルが統合された。

 このアプローチでは喫煙率、健康度、肥満パターンなどの寿命に影響する因子は副次的に取り入れられている。

 想定はソ連の崩壊などの例外的特殊な変化がなく、ガンワクチンの開発など大きな医学的な進歩がないというものだ。

 結論としてエザッチ教授は「健康システムを改善していけば、どの国でも確実に良い方向に向かいます」と締めくくった。(BBC NEWS HEALTHより)

 あまり住み良い国ではないとのメディア評価の韓国が高評価とは意外、日本はリタイヤ年齢70歳は確実か、しかし米国の将来は暗すぎだニャ。cat

 日本で児童の身長の伸びが止まったのは昭和初期の長期戦争時代、全てが戦争物資扱いされ必要なエネルギーが摂取出来なかったそうだ。米国の経済格差は日本に比ではない?

|

« 背中への視線が気になってしまい・・・。 | トップページ | 最後には食欲に負けてしまうのだけど・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 背中への視線が気になってしまい・・・。 | トップページ | 最後には食欲に負けてしまうのだけど・・・。 »