« ただずっと見上げているだけだったので・・・。 | トップページ | ほんの少し出遅れてしまったので・・・。 »

見つけたらとりあえず一枚撮っておくのが決まりなので・・・。

4022_1000

 緑をバックにして地面に座っている茶トラを発見、逃げられては困るのでとりあえず遠くから一枚。よく見ると左に二匹座っていた。E-620 + ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5Ⅱ (クリックで拡大)

4018_1000

 雲が切れて強い日差しになった、近くにいたサビ猫が寄ってきて一緒に毛づくろいを始めた。 (クリックで拡大)

4020_1200

 何か気になるものがあったらしく一瞬で動きが同期。 (クリックで拡大)

4021_1000

 ファインダーを見ないでの一枚、とりあえず写ってはいる。 (クリックで拡大)

 

出家

 NHKの朝の連続ドラマにも出演したこともあり、幅広い年齢層に人気のある若手女優が出家を理由に芸能活動から引退するらしい。

 出家というのは、古来は俗世間と完全に関わりを絶って生産的な行為も禁止という厳しい掟があって、それゆえ誰にでも出来ることではなく、出家者は王室からも尊敬されるものだったらしい。

 旧来の価値観が残っているミャンマーあたりでも、最近ではその意味合いが変化して来ていて、男子はある年齢になったら短期間出家、いわば大人への通過儀式のようになっているとか。オレンジ色の衣をまとって毎朝托鉢に出たりする。

 仏教の伝来に伴って日本にもやってきた出家だが、極東の島国に着くまでにかなり変節していて、さらに日本で習合した結果本来の意味合いとはかけ離れた概念に変化してしまった。本来の意味での出家者は日本では絶滅状態に近いらしい。

 彼女の所属している宗教法人(仏教系新興宗教?)の教義上"出家"の定義とはどのようなものなのだろう。信者で結成したアイドルグループがあるらしいので・・・。

 

ハロルド

 ヒトラーに外見を似せた男が逮捕された。場所はオーストリアで罪状はナチス時代を賛美したというもの。

 この男は25歳で自称ハロルド・ヒトラーと名乗っている。

 外観はというと髪型は横分けで口ひげを生やしており、ヒトラーの生家の外で自分を撮影しているところを目撃されていた。

 警察のスポークスマンのデイヴィッド・フルトナーによればこの男は最近になってドイツとの国境の町に引っ越してきたそうだ。

Hitler_

 アドルフ・ヒトラーの古い写真、1913年にオーストリアからドイツに移住した。

 フルトナー氏によれば、これはジョークでもなくパフォーマンス・アートでもないそうだ。

 「彼は自分がしていることを完全に理解している」

 この男はウィーンやグラッツにも出没していたらしい。

 彼の写真は月曜日にオーストリア・ホウテのニュース・ウェブサイトで流された。

 ナチス時代を賛美することはオーストリアでは違法となっている。

 昨年10月には、オーストリア当局者が生家を解体することを決定した。理由はネオナチにとって重要な聖地となることを防ぐためだ。

 ヒトラーは建物の1889年4月20日に建物の最上階の貸間で生まれた。

 ナチス統治下ではこの建物は聖堂化され、町の観光名所になった。

 1944年ナチス統治が揺らぎ始めた際に閉館された。(BBC NEWS Europeより)

 ユダヤ人や少数民族に対する組織的な絶滅計画の立案・実行といった観点から、欧州では未だにナチスに対する風当たりは非常に厳しい。

|

« ただずっと見上げているだけだったので・・・。 | トップページ | ほんの少し出遅れてしまったので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ただずっと見上げているだけだったので・・・。 | トップページ | ほんの少し出遅れてしまったので・・・。 »