« 待ちくたびれて体が固まってしまったので・・・。 | トップページ | バランス感覚には優れているようで・・・。 »

あちこちで固まりながら移動していくので・・・。

4590_1200

 上を見上げて立ち止まったままで固まっている。枝に小鳥でも止まっているんだろうか。E-620 + ZUIKO DIGITAL 14-54/2.8-3.5Ⅱ (クリックで拡大)

4588_1200

 床下でも固まっていた。今日は面白い発見が沢山ある? (クリックで拡大)

 

変更

 世界中で移民に対する風当たりが強まっている中、オーストラリアは市民権獲得の条件を見直してこれを厳しく改正するそうだ。

 マルコム・ターンブル首相は、真剣に市民権を得たいと思う者は英語力を磨いた上でオーストラリア的な価値観を持つ必要があると述べた。

 申請を行う際には4年以上の定住が必要となる。現行要件は3年だ。

 今回の動きは、高い技能を持つ外国人労働者へのビザ発給要件の強化の発表直後に起こった。

 ターンブル氏は今回の変更は、移民はよりコミュニティーに融合すべきという観点に基づくものだと述べた。

 「オーストラリア人としての価値観を持つ事は重要な条件だ」

 彼は説明の中で、オーストラリア人的価値観とは、移民は宗教上の自由を有し男女が平等な権利を持つという事だと述べた。

 「女性や子供の権利を尊重する、これがキーとなる価値観だ」、DVなどはあってはならない。

 市民権獲得プロセスにおける変化をあげると、

・より厳しい英語力テスト(読み書き、リスニング、スピーキング)

・コミュニティーへの融合、雇用履歴、就学、コミュニティー組織のメンバー加入

・すくなくとも4年間の定住

・申請は3回まで、テストで不正を行った場合は自動的に排除される

 申請者はチャイルド・マリッジや女性への割礼を容認するかどうかなども問われる、ターンブル氏はこれらの価値観は重要なものだと述べた。

 「女性や子供の権利の尊重は重要なキーポイントであり、もっとも基本的なものであり、オーストラリア市民となる上で不可欠なものだ」

 政府によればこの要件は全ての市民権申請者に課される。

 4/19には、政府は外国人労働者に対するビザ発給計画の見直しを公表した。

 ターンブル氏はこの二つの発表は国の利益に沿うものだと述べた。

 野党労働党はこれを政治的な利益を目的としたものだと避難している。

 労働党のペニー・ウォン氏は「すでに法を遵守している者に、さらに法を守るかどうかを問うなど馬鹿げた事のように思われる」と述べた。(BBC NEWS Australiaより)

 仮に日本人市民権なるものがあるとして、必要条件として十分な日本語の読み書き能力、地域への融合・参加、女性や子供の権利の擁護などが必要とされたら、脱落する人はけっこう多かったりして・・・。

|

« 待ちくたびれて体が固まってしまったので・・・。 | トップページ | バランス感覚には優れているようで・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待ちくたびれて体が固まってしまったので・・・。 | トップページ | バランス感覚には優れているようで・・・。 »