« 宙ぶらりんな状況を打開するには・・・。 | トップページ | スリムな姿は貴重なので・・・。 »

臆病な三毛猫が座っていたのは・・・。

6000_1200

 陽射しを避けて日陰にある小社殿の上でくつろいでいる三毛猫を発見、何匹かいる三毛猫の中でも最も小心な猫、そっと近づく。smc PENTAX DA17-70/4 SDM (クリックで拡大)

6002_1200

 ちょっと色が寂しかったので撮影位置を変更して紅白を入れてみた。(クリックで拡大)

6003_1200

 今日は結構寄れた方かも。(クリックで拡大)

 

通学

 日本で教育というと「教育=通学」というイメージがあって、登校拒否などとんでもない事のように騒ぎ立てる人たちが今だに居るらしい。

 世界には広大な国土を持つ為に、物理的に通学が不可能な国々もあるわけで、そのような国では家庭で義務教育相当の教育をおこなったり、インターネットを使った授業も特別ではないようだ。

 日本の教育史を調べてみると、明治時代に制定された小学校令などでは家庭や代替機関での教育も可となっていたようだ。

Photo

 変な話、最近のフリースクールや地域の施設での勉強会などは、明治のルールに帰っているだけっぽい。今後4K,8K技術が普及したら家庭でのEラーニングが普通になって通学は月水金だけになったりして。

 明治初期の小学校は米国の学校制度や教材を真似ていた時期があるそうだ。小学校令で代替教育を可としたのも広大な西部開拓史が元祖だったりして。そういえばリンカーン大統領は、通学したのはわずかに18ヶ月、それでも弁護士になり最後には合衆国大統領になった。

 昭和人の常識って意外と底が浅い?

追記 貧困が通学免除の理由として認められていたのは昭和16年春まで、世論に押されての削除という側面もあるが、子供は八紘一宇の大義を実現する為の大事な人材というきな臭い理由もあったらしい。これは退行してほしくない制度だニャ。cat

|

« 宙ぶらりんな状況を打開するには・・・。 | トップページ | スリムな姿は貴重なので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宙ぶらりんな状況を打開するには・・・。 | トップページ | スリムな姿は貴重なので・・・。 »