« 日本庭園の色彩としては馴染まない色だけど・・・。 | トップページ | 人通りが絶えて静かになったので・・・。 »

一瞬地震かと思ったけれど・・・。

7339_1200

 真横に立っていた石灯籠がグラっと動いた。さては400年ほど前の慶長伏見地震からずっと大地震とは縁がなかった京都も・・・と身構えたが、なんのことはない石灯篭の上に乗っていたトラ猫が動いただけだった。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7345_1200

 この石灯籠、屋根から降りる際の通路や休憩場所となっているらしい。 (クリックで拡大)

 

キャッチ

 英国ロンドンの高層アパートメント、ロンドンズ・グレンフェル・タワーを飲み込んだ大火災、窓から投げ落とされた赤ちゃんが無事に保護されたというエピソードが報じられた。

 サミラ・ラムラニさんは眼下の群衆に向かって赤ちゃんを落とす仕草をしている女性の姿を目撃した。女性は9階か10階に取り残されたらしい。

 彼女は一人の男性が前に走り出て赤ちゃんを何とか受け止めたと語った。

 ノース・ケンジントンの火災の死亡者は12名、警察はさらに人数が増えると予測している。

The_4th_floor

 タワーの図面、火元は居住区の4階といわれている。

 メディアの取材に対してラムラニさんは「人々は窓際に姿を現し始めた、半狂乱で窓を叩いたり叫んでいた」と述べた。

 「窓は半開きになっていて、女性は赤ちゃんを投げる投げる仕草をして誰かに受け止めて欲しいと望んだ」

 「誰かがそれを試みた、ある男性が前へ走り出て何とか赤ちゃんを掴んだ」

 タワーのあちこちで人々が助けを求めて窓を叩いたり叫んでいたと彼女は当時の様子を述べた。

 「彼らを落ち着かせるために、できる限りのことをすると伝え999番へ電話しました、明らかに彼らの顔には死の覚悟が見て取れました」

 彼女はある居住者が手製の落下傘で窓の外へ飛び出すのを見たそうだ。

 多くの人々がビルの中に取り残されていて、その中には子供も含まれていたと彼女は語った。生き延びたいと必死に叫ぶ声を聞いたそうだ。(BBC NEWS UKより)

 改装中のビルでの火災、スプリンクラーは未設置、火災報知機は鳴らなかったそうだ。多量の煙が避難を阻んだそうだが燃えやすい建材によるものか。部屋に残るようにという消防の忠告を無視してガールフレンドとその娘を助けた男性もいたとか。人生、安穏な時は短い。

|

« 日本庭園の色彩としては馴染まない色だけど・・・。 | トップページ | 人通りが絶えて静かになったので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本庭園の色彩としては馴染まない色だけど・・・。 | トップページ | 人通りが絶えて静かになったので・・・。 »