« 快適さを求めるのも手間がかかりすぎて・・・。 | トップページ | 日本庭園の色彩としては馴染まない色だけど・・・。 »

やっぱりすぐに眠くなるので・・・。

5351_1200

 いつもの定番スポット、今日は1匹しか姿が見えなくてちょっと淋しい。Niko D200 + AF NIKKOR 85/1.8D (クリックで拡大)

 しばらく休眠していたニコンD200、どうも露出がバラつくので、さてはとうとう寿命が来たかと思ったが、設定ミスだった。オートブラケットONなのに単写になっていたのが原因、設定変更後の戻し忘れっぽい。使用前点検をサボると痛い目をみる。

 D200は2005年発売のデジタル一眼レフ、初値は大卒初任給程度だったような覚えがある。さすがに最近は見かけることが少ない。高感度画質はさすがに時代を感じさせる代物、暗い場所では潔く撮影を諦める。(笑)

5353_1200

 気付かれてしまった。 (クリックで拡大)

5358_1000sq

 いきなり後ろを向いて伸びをする。 (クリックで拡大)

5361_1200

 また寝入ってしまいそう。 (クリックで拡大)

 

激減

 英国で働く看護師の登録件数がEU離脱国民投票以来鋭い減少を見せている。

 昨年7月の看護師助産婦協会(NMC)へのEUからの登録件数は1,304名だったが、この4月は46名と、実に96%のダウンだった。

 健康財団(Health Foundation)によれば、深刻に受け取る必要はないが、警鐘ととらえるべきだと言っている。

 NMCはEUからの看護師に対する英語語学力試験が原因のひとつと見ている。

 すでに国民健康サービス(NHS)は、看護師の欠員に苦しんでおり、EUからの供給なしの場合、現状の悪化は避けられない。

 5月に行われたロイヤル・カレッジ・ナーシングの調査では、イングランドにおける看護師ポストの1/9が欠員となっている。

 組合によればNHSは、必要数に対して40,000人の不足に陥っているはずだそうだ。

 今回の数字は、登録準備中のものも含まれているが、健康財団採用ものも含まれているので全員がNHSに採用される訳ではない。

 EUからの労働者供給ラインの労働力に占める割合は高い。

 健康財団の研究経済局長のアニタ・チャールスワース女史は、EU離脱投票以降の減少は深刻に考える必要はないと語った。

 「EUからの看護師の供給がなければ、NHSにとって患者の安全を保証するのに必要なスタッフの確保は難しいと言えます」

 「この数字は政治家や健康サービス部門のリーダーへの警鐘と言えるでしょう」

 NHCはこの原因として、2016年1月から始まった英語語学力試験に注目しているが、これはすでに非EU諸国からの看護師にも適用されている。

 普通の場合、試験から登録までには数ヶ月かかるので、当局者はこの遅れが数字に反映されているのではと見ている。

 健康省のスポークスマンは、EUからの看護師は重要な役割を果たしており、離脱後の交渉の優先事項となるだろうと語った。

 影の内閣の健康秘書官のジョナサン・アッシュワース氏は、政府はミスを犯したと語った。

 「テレサ・メイ率いる軟弱で不安定な政府は、NHSを瀬戸際まで追い込んだ、ツケを払うのは患者たちだ」

 「我国の健康サービスはいつも海外からの労働者に依存している、しかしながら政府の彼らへの態度は無視であり、また尊敬の念に欠けている」

 「保守党は離脱交渉への態度が固まっておらず、重要な人材の海外への流失を見逃している」

 自由民主党(Lib Dem)の健康担当のスポークスマンである、ノーマン・ラム氏は「この数字は非常に憂うべきもので、NHSや患者へ及ぼすと考えられる影響を過小評価すべきではない」と語った。

結局のところ、65万人の看護師が登録されており、5.5%にあたる36,000人が訓練中、他に非EUからの67,000人がいる。(BBC NEWS HEALTHより)

 EUから離脱しつつも美味しいところは残したいという要望は・・・交渉は難航する?

|

« 快適さを求めるのも手間がかかりすぎて・・・。 | トップページ | 日本庭園の色彩としては馴染まない色だけど・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 快適さを求めるのも手間がかかりすぎて・・・。 | トップページ | 日本庭園の色彩としては馴染まない色だけど・・・。 »