« いないようでもしっかり隠れていたりするので・・・。 | トップページ | 2mくらいまでなら近寄ってもOKだけど・・・。 »

寝起きは機嫌が悪いことが多いので・・・。

5467_1200

 ちょと歩いても汗ばむ季節ながら、ぴったり身を寄せ合って昼寝をしている2匹、静かに近寄って行ったら手前の猫が目を覚ました。Nikon D200 + AF NIKKOR 85/1.8D (クリックで拡大)

5476_1200

 もう餌の時間かと起き上がった奥の猫、おいおい跨いでいくのかと手前の猫。 (クリックで拡大)

5477_1200

 よほど気にいらなかったと見えて寝起きのバトルが勃発、結構激しい。 (クリックで拡大)

5478_1200

 仲が良いのか悪いのか・・・。 (クリックで拡大)

 

責任

 韓国の文大統領が米国のワシントンポストの取材に対して、慰安婦問題の合意見直しを要求したとかしないとか。

 メディアって作文上手な面があるので、記事の実物を検索して読んでみた。記事はQ&A形式になっていて、ほとんどが北朝鮮に関わる安全保障問題からみのようだ。慰安婦の件は最後の方になってようやく姿を表す。

 前政権の交わした合意は、韓国国民・被害者にとって受け入れがたいと強い口調の発言があったようだが、破棄するとか見直すといった発言はなし。日本政府は法的な責任をとって謝罪すべきとある。大統領選挙の公約の再確認?

 慰安婦問題、戦後数十年も経ってから不法行為を行った個人を特定して裁判するのは物理的に無理そう、双方の様々な大人の事情も勘案して思いついたのが被害者基金だったようなのだが・・・?

 

撃墜

 米軍のF-15戦闘機が、シリア南部でシリア政府が支援している武装勢力が飛ばしていたイラン製のドローンを撃墜した。(クリックで拡大)

 ドローンは兵装しており、地上にあった米国主導の連合部隊に脅威を与えた。

 これに対してロシア外務省は、テロに等しい謀略とこれを非難した。

 米軍は日曜にはシリア軍戦闘機を撃墜、今月初めにもドローンを撃墜している。

 F-15戦闘機がドローンを撃墜したのは火曜日の午前00:30で、場所は連合部隊の前哨基地のあるタンフの北東とのことだ。

 今回の事件は東部シリアの支配権を巡る戦いの緊張の度合いを高めた。

 軍事担当者は撃墜されたのは Shahed 129 と説明した。同機は2012年にイラン公共TVで公表されたことがある。

Shd_129

 航続距離は2,000kmで、爆弾とミサイルを搭載できる。

 米軍高官は「ドローンは地上部隊にとっての脅威だった、飛行コースは友軍への攻撃コース上だった」と述べた。

 この最新の撃墜事件は、タンフ近郊での戦闘の直後だったと伝えられる。

 タンフは西欧特別部隊の基地として、またシリア反政府勢力の拠点となっている。(BBC NEWS Middle Eastより)

 シリアでのIS掃討作戦は、すでに戦後誰がそこを支配するのか、またどの国がどれだけ影響力を持てるかといった段階に入っているらしい。ISが掃討されても内戦は終わりそうにない?

 専守防衛の国日本としては安価な対ドローン迎撃ドローンが欲しかったりして。

|

« いないようでもしっかり隠れていたりするので・・・。 | トップページ | 2mくらいまでなら近寄ってもOKだけど・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いないようでもしっかり隠れていたりするので・・・。 | トップページ | 2mくらいまでなら近寄ってもOKだけど・・・。 »