« 注意力が散漫になった時の一枚は・・・。 | トップページ | じっと監視され続けているので・・・。 »

高温高湿の不快な日には・・・。

6657_1000

 雨のせいで湿度が高いところに強い陽射しのせいで不快指数はかなりの値、せめて砂利と日陰で火照りを冷まそうと神社猫は太陽の位置に合わせて移動。LUMIX G VARIO 14-45/3.5-5.6 (クリックで拡大)

6659_1200

 そこが涼しいのかと他の猫も自然に同期。 (クリックで拡大)

 

遺物

 外交に贈り物はつきもの、韓国の文大統領の訪米にあたって米国政府は朝鮮王朝時代の歴史的な遺物二点の返還を行った。

 この朝鮮時代の遺物は、16-17世紀のもので金額にして両者で150万ドルに相当する。

 亀の王室印はワシントンにて金曜日に文大統領に贈られた。

Bronze_seal

 米国は2007年以来30ヶ国に対して約8,000点の歴史的な品を返還している。

 金箔を施されたブロンズ製の印は、1547年に朝鮮王朝11代王の三番目の文定王妃に贈られた品で朝鮮戦争の最中に盗難にあったものだ。

 もう一つの王の翡翠の玉璽は1651年に製作されたもので、日本占領時代(1910-1945)に奪われたものと考えられている。

 文定王妃の印は2013年にLAミュージアムで発見され、玉璽は個人収集物であった。

 このふたつの歴史的遺物は日曜に文大統領と共に韓国に里帰りし、8月からは一般公開される予定だ。(BBC NEWS ASIAより)

 朝鮮戦争と日本統治下に失われた遺物を選んで贈呈するとは、ツボを得た贈答品だ。官僚の選定に手こずっているトランプ政権にも智者がいるようだ。

|

« 注意力が散漫になった時の一枚は・・・。 | トップページ | じっと監視され続けているので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 注意力が散漫になった時の一枚は・・・。 | トップページ | じっと監視され続けているので・・・。 »