« 珍しく群れていたので・・・。 | トップページ | 雨で湿った枯葉は気持ち良いので・・・。 »

すぐに寝入ってしまうので・・・。

7585_1200

 いつもの木陰で寝入っていたグレー猫、気配を感じて薄眼を開けた。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7587_1200

 また寝入ってしまった。(クリックで拡大)

 

参戦

 昭和20年8月8日(1945.08.08)、ソ連は日本に対して宣戦布告を通告、翌9日には日本人が軍官の要職を占めていた満州国に侵攻、11日には日本の領土であった南樺太(日露戦争で獲得)へも侵攻した。

 当時日本とソ連との間には日ソ中立条約が締結されていたが、昭和20年4月にはソ連が更新を行わない旨を表明、陸軍参謀本部では早ければ8月のソ連参戦を危惧する声があった。満州国に駐屯していた国境警備部隊からも活発なソ連軍の活動から迅速な対応を求める意見があったらしいが、関東軍参謀の予測では侵攻は早くて秋であり奇襲に近い攻撃だった。

 南樺太での戦闘は、通信網の破壊により軍の対応が一貫せず有効な防御戦が行われなかったとも伝わる。8月25日の戦闘終了までに間に軍民合わせて2,000人が犠牲になった。その後のシベリア抑留・北海道への引き上げの中で更なる犠牲者が出た。

 戦闘の最中には真岡郵便局事件が発生、ソ連兵からの暴行を恐れて9名の若い女性の電話交換手が青酸カリによる集団自殺を決行した。凄惨な事件だが、自殺に加わらなかった3名が元の業務に復帰してソ連軍の指揮下で業務を行なっており、給与も受け取ったとの証言があるのが不可解だ。

 日本軍とソ連軍との停戦交渉の進捗はなかなか捗らず、北方における完全な戦闘停止は無条件降伏文書が連合国に受理された9月2日の後の9月5日にまでずれ込んだ。

 南方の柔軟な英米の停戦対応とは対照的なソ連の好戦的なそれは、戦後の国境線を有利に引くための外交政策とも考えられ、現代の北方領土問題に繋がっている。日露戦争後の南樺太割譲、シベリア出兵時の反ソ連行為や北樺太保障占領、ノモンハン事件への報復の意味もあったのかもしれない。

 

大魔神三部作

 NHK BSプレミアムで月曜日から放送されているのが、半世紀前の大映の傑作「大魔神」シリーズ3部作だ。(デジタルリマスター盤) 昨日は本郷功次郎さん、藤村志保さん主演の第二作「大魔神怒る」だった。

 湖の離島に祀られている埴輪武人像が魔人と化して、侵略して来て暴虐無尽の限りを尽くす隣国の軍団を撃滅。

Daimajinn_2

 この頃の映画のロケといえば琵琶湖湖畔が多かったらしいので離島は琵琶湖にある孤島か?

Shiho_

 女性の涙に反応する大魔神、今回のお姫様は藤村志保さんだった。唯一の特撮時代劇への出演だったらしい。白の小袖に幅の狭い帯を巻き体の前側で結ぶ戦国時代風?の衣装になっている。

Yukijyorow

 藤村志保さん出演の大映映画は多数あるが「怪談雪女郎」などは傑作と言われる。凄絶な美女を熱演、怖〜い。

|

« 珍しく群れていたので・・・。 | トップページ | 雨で湿った枯葉は気持ち良いので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珍しく群れていたので・・・。 | トップページ | 雨で湿った枯葉は気持ち良いので・・・。 »