« 夕方とはいえ眠いものは眠いので・・・。 | トップページ | 丁寧にじっくり見ないと見逃してしまうので・・・。 »

追いかけっこの繰り返しになってしまい・・・。

7836_1200

 遠くを散歩中のワンちゃんが茂みの前で動こうとしなくなった。これは猫がいそうだなとワンちゃんがいたあたりを探してみたら・・・三毛猫が一匹。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7837_1200

 裏へ回ってみたら姿がない、戻ってみたら反対側に移動していた。 寛いでいたのを邪魔されて不満顔? (クリックで拡大)

7841_1000

近づいてたらまた奥に入ってしまった。こりゃダメだ。 (クリックで拡大)

 

 ネパール南部の洪水でリゾート地に取り残された500人余りの救助に象とボートが派遣された。

 チトワン地方のサウラハにあるホテル数軒が水浸しとなり観光客が取り残された、多くは外国人だった。

 豪雨により発生した洪水と地滑りにより全国で少なくとも49名が死亡した。

 赤十字の発表では多くの地域で10万人が影響を受けて、通信網が途絶し停電も起きているそうだ。

 橋は倒壊し道路は冠水したり地滑りによる瓦礫で覆われており救助作業は捗らない。

 被害が大きい地域では何千人もの住民が避難を余儀なくされており、犠牲者の数は今後増えると考えられる。行方不明者の数は少なくとも17名にのぼっている。

 首都カトマンドゥの南西155kmに位置するサウラハのホテルオーナーによれば、象が救助作業に動員され、近くの乾いた道路や空港へ観光客を運んだそうだ。

 チトワン地方の首長であるナラヤン・パラサド・バータ氏は「安全確保の為にあらゆる手段を講じている」と述べた。

 シャー・バハドゥル・デウバ首相は、被災者に見舞いの言葉を送り冷静に務めるように訴えた。

 「洪水の犠牲者を救助するように関係部署に指示を行った、安全な場所へ避難してもらうので安心してほしい」

 6-9月のモンスーンの季節には、ネパールでは毎年のように大きな洪水が起こる。ここ数日は更なる降雨が予想されている。

 隣国のインドでは、地滑りが満員バス二台を渓谷に押し流して45名が亡くなった。

 北部ヒマチャル・パラディシュ州当局によれば、休憩のために停車していたバスを豪雨により発生した地滑りが襲ったとのことだ。(BBC NEWS ASIAより)

|

« 夕方とはいえ眠いものは眠いので・・・。 | トップページ | 丁寧にじっくり見ないと見逃してしまうので・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕方とはいえ眠いものは眠いので・・・。 | トップページ | 丁寧にじっくり見ないと見逃してしまうので・・・。 »