心配な時は数頼みになるので・・・。

7884_1200

 真横を向かれてしまうとピントがどこに合っているのか分かりづらい。髭?目?鼻? いちいち拡大モードで確かめる時間の余裕もないのでカメラ任せで連続で何枚か撮っておいた。この角度だと目が真っ黒になってしまうのでいま一つ面白くない。SIGAM 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7885_1200

 ここまで正面を向いてくれればまずピント位置は間違いない。 (クリックで拡大)

 

リサイクル

 ロシア東部のリサイクリング・センターで、盗難にあった旧ソ連時代の全長10mの対空ミサイルが爆発、死者2名怪我人1名の被害が出た。

 爆発の瞬間は車のダッシュボードカメラの画像に収められYouTubeに投稿された。メディアはこのチタにおける長距離ミサイルの爆発について注意喚起を行った。

 ミサイルはS-200アンガラ(NATO軍における通称はSA-5 GAMMON)だった。1960年代に実戦配備されていたが、今はS-300やS-400に置き換わっている。

S200_missile

 ミサイルがどのようにリサイクル工場に流れ着いたのかは不明だが、基地から何者かによって盗まれた後に換金のために売られたらしい。爆発は工場の解体作業者が分解中に起こったらしい。

 緊急対応部隊は後になって無傷のS-200システムから取り外されたミサイルを発見した。

 この事件はロシアのソシアルメディアの注目を集め、多くの読者が流通の経緯に興味を示した。

 「ミサイルが非鉄金属スクラップ集積場にあるなんて・・・」

 「ロシアでは錆び付いた多くの旧式の兵器がスクラップとして売られている」「今回の事件は悲劇的な結末に終わった」(BBC NEWS Elsewhereから)

 いくら不要になったからといって金属ゴミ扱いとは・・・。

| | コメント (0)

今日もいつの間にか側に座っていたので・・・。

7794_1200sq

 地面に座って写真を撮っていると、いつの間にか隣に座り込んでいるグレー猫、最近は単焦点の望遠レンズを使う時が多いので近すぎると撮りにくい。ぐっと背中を後ろに引いて変な体勢で撮ることになって筋を違えそうになる。SIGMA 60/2.8 DN(クリックで拡大)

7799_1200

 思いがけずこんな写真が撮れたりする。(クリックで拡大)

 

漏洩

 インド警察は人気TVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の内容をテレビ放映前に漏らしたとして4人を逮捕した。

Gots_7

 犯人のうち三人はプライム・フォーカス・テクノロジーの従業員で、残りの一人は元従業員だ。

 ムンバイに本部を持つプライム・フォーカスは、警察に対して捜査の実施を申し立てていた。同社は、インターネット・ストリーミング用として、このTVシリーズのデータ保管と加工を請け負っている。

 このファンタジー・ドラマはTV史上最も多くの海賊版が製作されていると言われている。

 第7章の第4話は8月4日にリークされた。これは全世界公開の数日前だった。

 製作会社のHBOはここ数年で何度かのリーク被害を受けている。最近ではハッカーによって1.5TBのデータを盗まれた。このデータには「ベイラーズ」「ルーム104」そして「ゲーム・オブ・スローンズ」のエピソード数作が含まれていた。月曜日には未公開のエピソードの一部がリークされた。

 今回の月曜日の逮捕は過去のリーク事件に関するもので、最新のハッキング事件とは関係がない。

 アクバール・パサーン警察所長は取材に対して「告発を受けて警察は捜査を実施し4人の容疑者を逮捕した、逮捕理由は第7章の第4話に関する著作権違反だった」と述べた。

 4人は信用義務違反とコンピュータに関わる犯罪の罪で起訴され8月21日まで拘留される見込みだ。(BBC NEWS Asiaより)

| | コメント (0)

丁寧にじっくり見ないと見逃してしまうので・・・。

7807_1200

 陽射しの強い夕方、気をつけて良く見ると日陰に猫がいるのがわかる。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7809_1200

 位置を変えればはっきりわかる。 (クリックで拡大)

7824_1200

 暑さに伸びきっている。 (クリックで拡大)

 

終戦の日

 昭和20年8月15日正午、例年なら戦没者大法要の模様がラジオから流れるところ、この年は臨時の重大発表がなされるとの事前通達があり、内外地にあった日本人は集ってラジオ放送に聞き入った。

 この時流されたのがいわゆる玉音放送、米英中から提示のあったポツダム宣言を受諾して太平洋戦争を終わらせるという在外日本人に対する通達だった。放送は録音盤を使用、戦争末期のクーデターとなった宮城事件でからくも反乱軍の没収を免れたものだったらしい。

 終戦の日=休戦(戦闘行為の停止)と考えている人も多いが、完全休戦に至るまで大本営から各方面軍へ命令が段階的に出されており、最前線部隊まで徹底するには時間がかかった。

 8月15日以降の大本営発の陸軍向けの大陸命を例に追ってみると次のようになる。

・8/15 積極的進行作戦の中止(大陸命第1381号)

・8/16 自衛のための戦闘の許可(大陸命第1382号)

・8/18 一切の武力行使の停止(大陸命第1385号)

・8/22 1835号の実施時期 8/25

・9/2 敵対行為の即時停止・武装解除・現状維持(大陸命特第1号) → 休戦協定の成立日

 日露戦争で奪われた南樺太の奪還、更なる領土の拡張(北方諸島・北海道)を目指した極東ソ連軍は正式休戦の成立日あたりまで前進を続けた。中国に対する降伏にも時間がかかっており台湾の第10方面軍が降伏したのは何と10月25日だ。

| | コメント (0)

追いかけっこの繰り返しになってしまい・・・。

7836_1200

 遠くを散歩中のワンちゃんが茂みの前で動こうとしなくなった。これは猫がいそうだなとワンちゃんがいたあたりを探してみたら・・・三毛猫が一匹。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7837_1200

 裏へ回ってみたら姿がない、戻ってみたら反対側に移動していた。 寛いでいたのを邪魔されて不満顔? (クリックで拡大)

7841_1000

近づいてたらまた奥に入ってしまった。こりゃダメだ。 (クリックで拡大)

 

 ネパール南部の洪水でリゾート地に取り残された500人余りの救助に象とボートが派遣された。

 チトワン地方のサウラハにあるホテル数軒が水浸しとなり観光客が取り残された、多くは外国人だった。

 豪雨により発生した洪水と地滑りにより全国で少なくとも49名が死亡した。

 赤十字の発表では多くの地域で10万人が影響を受けて、通信網が途絶し停電も起きているそうだ。

 橋は倒壊し道路は冠水したり地滑りによる瓦礫で覆われており救助作業は捗らない。

 被害が大きい地域では何千人もの住民が避難を余儀なくされており、犠牲者の数は今後増えると考えられる。行方不明者の数は少なくとも17名にのぼっている。

 首都カトマンドゥの南西155kmに位置するサウラハのホテルオーナーによれば、象が救助作業に動員され、近くの乾いた道路や空港へ観光客を運んだそうだ。

 チトワン地方の首長であるナラヤン・パラサド・バータ氏は「安全確保の為にあらゆる手段を講じている」と述べた。

 シャー・バハドゥル・デウバ首相は、被災者に見舞いの言葉を送り冷静に務めるように訴えた。

 「洪水の犠牲者を救助するように関係部署に指示を行った、安全な場所へ避難してもらうので安心してほしい」

 6-9月のモンスーンの季節には、ネパールでは毎年のように大きな洪水が起こる。ここ数日は更なる降雨が予想されている。

 隣国のインドでは、地滑りが満員バス二台を渓谷に押し流して45名が亡くなった。

 北部ヒマチャル・パラディシュ州当局によれば、休憩のために停車していたバスを豪雨により発生した地滑りが襲ったとのことだ。(BBC NEWS ASIAより)

| | コメント (0)

夕方とはいえ眠いものは眠いので・・・。

0195_1200

 コンクリートの塀の根元に白っぽい猫が一匹、地面が黒っぽかったので一目瞭然で目立つ。こんな風に苦もなく猫が見つかる日もある。M.ZUIKO DIGITAL 17/2.8 (クリックで拡大)

7847_1200

 同じ場所からしゃがんで望遠レンズで一枚、眠そうな顔をしている。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7854_1000sq

 上を向いたかと思ったら大あくびを一回。 (クリックで拡大)

7856_1000

 右手に回って茂みの隙間から一枚。すぐ横にはプラスチックの皿があって餌が載っていた。 (クリックで拡大)

 

製造後106年

 氷で覆われた南極大陸はもっとも過酷な自然環境のひとつと言われている。

 しかしながら南極遺産トラストによる新発見によれば、この説は106年前に英国で製造されたフルーツケーキには当てはまらなかったようだ。

 保存チームは南極のアデア岬でかなり古いケーキを発見した。これは南極のスコットとして知られる英国の探検家ロバート・ファルコン・スコット隊の装備の一部だと考えられている。

 スズ製の缶は錆びていたが中身の保存状態は良好で、十分食べられそうな香りがしたそうだ。

 ニュージランドで立ち上げられたこのトラストは、このケーキを南極の古い小屋の中で見つけた。この小屋は1899年にノルウェーの探検家によって建てられたもので、1911年のキャプテン・スコットによるテラ・ノヴァ・エクスペディションの際にも利用された。

 極点到着を目指した探検隊は、とりわけフルーツケーキ(英国のビスケット製造メーカー ヘントリー&パルマーズ製)を好んだとされる。

 トラストの保存チームマネージャーのリジー・メークは「当時フルーツケーキは英国社会で人気があり、今でもその人気は保たれている」と語った。

 「南極に居住労働していた人の間では、高脂肪で砂糖をふんだんに使った食品が好まれ、フルーツケーキはこの要望にマッチしていた」「紅茶との抜群の相性については敢えて言及しないが」

 保存チームは2016年5月から小屋の中の遺物を発掘して、約1,500点を掘り出した。その中には工具、かなり傷んだ肉と魚、見た目には良さそうなジャムなどが含まれていた。

 フルーツケーキを含むすべての遺物は処理された後に元の場所に戻される予定だ。

 ケーキの生存は幸いな話だが、スコット隊の運命は悲惨なものであった。彼らは見事に南極点に到達したものの、すでにノルウェー隊が33日前に到達していた。帰路において英国隊は遭難、全員死亡した。(BBC NEWS Asiaより)

| | コメント (0)

子猫に逃げられそうになったので・・・。

7764_1200

 茂みの後ろを小さな影が駆け抜けた。そっと回り込んでみたらこんな風に子猫が座っていた。多分この春に生まれた四匹のうちの一匹だね。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7771_1200

 一歩近いたら腰を浮かしかけたのでしばし停止、安心したのか座り直した。頭は小さいのに耳が大きいなぁ〜。(クリックで拡大)

| | コメント (0)

まったくの不作の日もあるけれど・・・。

7643_1200

 今日はまったくの不作で猫の姿はさっぱり・・・唯一遠くの屋根の上に寝そべっているトラ猫(?)を見つけただけだった。まぁこんな日もあるさ。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

 

二度手間

 太平洋戦争の終結に向けて米英中が日本に対して提示したのがポツダム宣言だ。この宣言は、国体の護持(天皇制)の存続などを巡って決断に踏み切れないでいる日本の内政を忖度して出されたらしい。

 ソ連の参戦と原子爆弾の投下により追い詰められた日本首脳陣は、8月9日に最高戦争指導者会議を開催して討議・採決を行ったが、結果は3対3の引き分け、ついに昭和天皇の御聖断によりポツダム宣言の受諾が決まった。8月10日午前2時20分だったと言われる。

 会議の結果は10日の午前9時頃にスイス・スウェーデン両国経由で、米英中三国と追加参戦したばかりのソ連に伝えられた。回答には"天皇制の保全という条件付き"と解してという一言をつけた為に、米国から返信(バーンズ回答)がもたらされた。

 返信内容を確認する意味で再度最高戦争指導者会議が開かれ、8月14日に二度目の聖断が下され、二度目の受諾回答がなされた。

 当初イタリアやドイツのように無条件降伏を考えていた連合国、特に米国にとってさぞかし面倒な国に映ったらしい。休戦に向かって行われた最前線での武装解除の際も、細かい条件にこだわる日本軍将校に対して米軍将校が怒りを覚えたとい例も。

 昭和天皇が後日口にされた敗戦の原因のひとつが"首脳部の常識のなさ、日露戦争を率いたような大人物の不在"だった。敗戦間際になって知らされた日本の実情にはいたく憤慨されたとも言われる。

 ちなみに最高戦争指導者のメンバー6人のうち5名が教育勅語世代で、唯一鈴木首相だけが慶応3年生まれ、混乱の明治初期にかすかに残っていた江戸時代の気配を知っていたようだ。鈴木首相は日露戦争に従軍した強者で2・26事件を生き延びた強運の持ち主だった。

 均一な教育を受けた秀才集団より異分子を含む集団の方が逆境に強い?

| | コメント (0)

雨で湿った枯葉は気持ち良いので・・・。

7597_1200

 ちょっと奥まったところで湿った感じの枯葉の上で待機中、給餌待ち? SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7598_1000sq

 目を開けて周囲を窺う。 (クリックで拡大)

 

グアム島

 トランプ米大統領の北朝鮮に対する口撃は激しさを増し、これに応じるかのように北朝鮮は米国の領土であるグアム島近海へのミサイル発射(四発)計画を匂わせた。

 北朝鮮国営メディアによれば、金正恩氏の承認が下りれば火星12型ロケットを日本越しにグアムから30kmの近海へ打ち込む計画があると報じた。

 メディアはトランプ氏の「火炎と恐怖」と称した威嚇を強く非難し、米国の指導者は理性を欠いていると評した。

 米国は北朝鮮に対して対応いかんでは体制の終わりに繋がると警告した。

 ジム・マチス国防長官は、北朝鮮の軍事力では米国とその同盟国の武力の前に到底太刀打ちできないと述べた。

 現地にいるBBCレポーターによれば、北朝鮮の脅しは大げさだとの意見が漂っているそうだ。多くの人々はそのようなミサイル攻撃を行うことは北朝鮮体制にとって自殺行為だと感じている。

Guam_map_

 グアム島の地図(クリックで拡大) ミサイルは韓国と日本上空を通過することになる。

 グアム島とは・・・

・フィリピンとハワイの間にある面積541平方キロの火山と珊瑚礁の島

・米国には未併合で人口は約163,000人

・グアム生まれの人間は米国市民扱いとなり、知事や議員の選出が出来るものの大統領選挙には参加できない。

・米軍基地が全土の1/4を占め、更に増補移動の計画がある。

・第二次世界大戦においては重要な米軍の基地であった。今でも米軍の重要な中継基地であり、南シナ海・韓国・台湾海峡での有事の際のアクセスポイントである。(BBC NEWS ASIAより)

 大量破壊兵器を持った二人の駄々っ子の口げんかは戦争の危機を孕む。お盆休みにグアム旅行はあり得ない!?

| | コメント (0)

すぐに寝入ってしまうので・・・。

7585_1200

 いつもの木陰で寝入っていたグレー猫、気配を感じて薄眼を開けた。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

7587_1200

 また寝入ってしまった。(クリックで拡大)

 

参戦

 昭和20年8月8日(1945.08.08)、ソ連は日本に対して宣戦布告を通告、翌9日には日本人が軍官の要職を占めていた満州国に侵攻、11日には日本の領土であった南樺太(日露戦争で獲得)へも侵攻した。

 当時日本とソ連との間には日ソ中立条約が締結されていたが、昭和20年4月にはソ連が更新を行わない旨を表明、陸軍参謀本部では早ければ8月のソ連参戦を危惧する声があった。満州国に駐屯していた国境警備部隊からも活発なソ連軍の活動から迅速な対応を求める意見があったらしいが、関東軍参謀の予測では侵攻は早くて秋であり奇襲に近い攻撃だった。

 南樺太での戦闘は、通信網の破壊により軍の対応が一貫せず有効な防御戦が行われなかったとも伝わる。8月25日の戦闘終了までに間に軍民合わせて2,000人が犠牲になった。その後のシベリア抑留・北海道への引き上げの中で更なる犠牲者が出た。

 戦闘の最中には真岡郵便局事件が発生、ソ連兵からの暴行を恐れて9名の若い女性の電話交換手が青酸カリによる集団自殺を決行した。凄惨な事件だが、自殺に加わらなかった3名が元の業務に復帰してソ連軍の指揮下で業務を行なっており、給与も受け取ったとの証言があるのが不可解だ。

 日本軍とソ連軍との停戦交渉の進捗はなかなか捗らず、北方における完全な戦闘停止は無条件降伏文書が連合国に受理された9月2日の後の9月5日にまでずれ込んだ。

 南方の柔軟な英米の停戦対応とは対照的なソ連の好戦的なそれは、戦後の国境線を有利に引くための外交政策とも考えられ、現代の北方領土問題に繋がっている。日露戦争後の南樺太割譲、シベリア出兵時の反ソ連行為や北樺太保障占領、ノモンハン事件への報復の意味もあったのかもしれない。

 

大魔神三部作

 NHK BSプレミアムで月曜日から放送されているのが、半世紀前の大映の傑作「大魔神」シリーズ3部作だ。(デジタルリマスター盤) 昨日は本郷功次郎さん、藤村志保さん主演の第二作「大魔神怒る」だった。

 湖の離島に祀られている埴輪武人像が魔人と化して、侵略して来て暴虐無尽の限りを尽くす隣国の軍団を撃滅。

Daimajinn_2

 この頃の映画のロケといえば琵琶湖湖畔が多かったらしいので離島は琵琶湖にある孤島か?

Shiho_

 女性の涙に反応する大魔神、今回のお姫様は藤村志保さんだった。唯一の特撮時代劇への出演だったらしい。白の小袖に幅の狭い帯を巻き体の前側で結ぶ戦国時代風?の衣装になっている。

Yukijyorow

 藤村志保さん出演の大映映画は多数あるが「怪談雪女郎」などは傑作と言われる。凄絶な美女を熱演、怖〜い。

| | コメント (0)

珍しく群れていたので・・・。

7726_1200

 珍しく四匹ほどが付かず離れずで群れていたので全部入れようとフレーミングを工夫してみたが、さすがに難しい。とりあえず二匹だけを切り取ってみた。SIGMA 60/2.8 DN (クリックで拡大)

 こんな時はピンド深度の深いMフォーサーズ機が生きる。絞りをF8まで絞り込んで両方にピントが来るようにしてみた。

 

 先日来問題視されていた有毒殺虫剤に汚染された卵は英国内では極少数であったことが分かった。

 該当するオランダ産の卵はフランスにおいても見つかっていた。

 英国食品基準局(UK's Food Standard Agency)は一般家庭への影響は極小さいと判断している。

 基準局による緊急調査の結果によれば、既に市販されているものはないそうだ。

 摂取を回避する必要はなく、潜在的な危険もなさそうとの判断だ。

 事の発端はドイツのスーパーマーケット・チェーンのAldiにおける撤去であった。

 卵のテストにより見つかった殺虫剤のフィプロニル(fipronil)は、腎臓、肝臓・甲状腺などを痛める危険があるものだ。

 LTOによれば、オランダ農家は汚染根絶対策として数百万羽の鳥の処分に怯えているそうだ。

 FSAはウェブサイト上で「アセスメント結果によれば通常の摂取量であれば健康に害はなく、消費者は特に警戒する必要はない」と述べている。

 「鶏肉や卵を使った食品について、従来の消費方法を変える必要はない」

 ベルギー当局は既に6月の段階でオランダ農家が殺虫剤汚染されていることを知っていたと認めた。

 フィプロニルは鶏に寄生するシラミやマダニの駆除に使われるが、毒性があるため食肉動物には用いられない。

 ベルギー・オランダ・ドイツの商店では、念のため卵の販売を取りやめた。

 約180の養鶏農家が一時的な閉鎖となっており、調査が進行中だ。

 FSAによれば英国内で流通した該当卵は21,000個ほどで、オランダの農家から三月から六月にかけて入荷したそうだ。

 英国に輸入される年間18億個の卵に比べれば微量である。国内で消費される約85%の卵は国産品だ。(BBC NEWS Healthより) 

 食糧輸入も重要な国防事項だニャ。cat

| | コメント (0)

より以前の記事一覧